2017年10月27日 更新

水草のトリミング!3つのカット方法をご紹介

有茎草をトリミングせずに放置すると伸び続けた茎が水面を覆い、水中に十分な光が届かなくなることがあります。水槽内の他の水草や有茎草自身を元気に育成するためには、伸びた水草を日常的にカットして、光不足を解消することが大切です。

852 view

有茎草は適度な長さに整える

アンブリアなどの茎と節目から構成される有茎草をトリミングするときは、水草の伸びた部分をカットし、底砂に植わっている根元を水槽に残すのが一般的です。このトリミング方法はピンチカットといいます。水面から5cm程度のところでカットすると見栄えが良くなります。

ピンチカットで切断した箇所から上の部分(生長点がついている方)を底砂に植え込めば、水草自体の数を増やすこともできます。カットした葉を再利用する場合は、節の少し下を狙って切断し、底砂に埋まる範囲の葉は植え込む前にカットしておきましょう。砂に埋まる範囲に葉がついたままだと、砂の中で葉が腐り健康な根が育たなくなるので注意が必要です。

節目のない前景向けの水草は根元付近でカット

ヘアーグラスなど、主に前景で使われる背丈の低い水草は、葉の途中から再び生長することはありません。葉の途中をカットすると、切断面がくっきりと残り見た目がよくないばかりでなく、苔が付着しやすくなります。

葉の量が気になる場合は根元付近をカットしましょう。底砂に埋まっている茎がしっかり生長していれば、すぐに新しい芽が出て葉の生長が再開します。

ロゼット型水草は古い葉からカットする

※写真はアヌビアスバルテリーです。
生長点が、植栽している底砂との接点に位置するロゼット型の水草は、新芽が内側から発生し、古い葉が外側へ広がることで生長していきます。古い葉をトリミングしなければどんどん大きくなってしまうため、適度なサイズを決めたら、そのサイズに生長する前に外側の葉をカットしましょう。

切れ味のいいハサミがなければ、基部を傷めないように丁寧にむしることで、外側の余分な葉をトリミングすることができます。こまめにトリミングを行い理想のサイズを保ちましょう。

水草のトリミングで水槽の環境を保ちましょう!

水草のトリミングで余分な葉を排除することは、水槽内に届く光量を調整するだけでなく、景観維持や水流改善のためにも重要です。また、枯れた葉を水槽内に放置すると水質の悪化につながるので、枯れ葉は見つけ次第取り除きましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水草が枯れてしまった!その原因は!?

水草が枯れてしまった!その原因は!?

アクアリウムを行ううえで欠かせないのが水草です。水草のタイプや量によって、思い描く水槽が実現できるかが決まるといっても過言ではありません。しかし、注意しておかないとせっかく入れた水草が枯れてしまう場合があります。しっかりと水草を枯らさない対策を練るため、ここで枯れる原因について覚えておきましょう。
  377 view
水草の増えすぎに注意!水槽に悪影響が…?

水草の増えすぎに注意!水槽に悪影響が…?

水草は水槽内のインテリアとしても重宝するだけでなく、光合成によって酸素を放出し、有機物を分解して水質を安定させるために必要な存在です。しかし、水草が増えすぎると、かえって水槽内の環境が悪化してしまうことも。今回は水草が増えすぎることの問題点とその対処法をご紹介します。
  1,357 view
水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

生き物を飼育する以上は、フンやエサなどの独特な臭いから逃れることはできません。しかし、匂いの原因に適切な対応をすることで、不快な臭いを最小限にとどめることは可能です。今回は水槽から嫌な臭いがしたときに確認すべきポイントと、臭いを除去する方法をご紹介します。
  522 view
水槽の水質を検査してみませんか?

水槽の水質を検査してみませんか?

アクアリウムをする際、欠かせないのが水質の管理です。水槽内の水質が適正な値になっていないと、熱帯魚や水草が病気になったり死んでしまう可能性があったりするためです。しかし、アクアリウム初心者の方は意外と水質に関する知識が乏しい方も多いもの。そこで今回は検査するべき項目や、水質検査の方法などについてまとめてみました。
  426 view
ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

「アクアリウムを始めよう!」そう思った時に、ほぼ必ずといっていいほど必要となるのが水槽です。水槽にはガラス水槽とアクリル水槽があり、それぞれ違った特徴を持っています。そこで今回はガラス水槽とアクリル水槽の特徴や水槽の選び方などをご紹介していきます!
  870 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事