2018年1月29日 更新

4つ目が通る!?「ヨツメウオ」の飼育方法は?

珍魚と呼ばれる魚は世界中に何体も存在しますが、今回ご紹介する「ヨツメウオ」もそのうちの1つといわれています。その名の通り、4つの目を持つ魚であるヨツメウオ。非常に珍しいフォルムをしたこの熱帯魚は、どのようにして飼育すればいいのでしょうか。

1,109 view

「珍魚」とも呼ばれるヨツメウオの特徴

珍魚と呼ばれるヨツメウオですが、分類としては卵胎生メダカの仲間とされています。本来であれば南米のトリニダード島からアマゾン川水系に生息しているとされるヨツメウオ。その特徴は何といっても名前の由来ともなっている目でしょう。大きく出っ張った目は中央で分かれており、上の目は水上を、下の目は水中を見られるようになっています。カエルのように目を水面上に出して、獲物を探しながらユラユラと泳ぐのがヨツメウオの日常なのです。

また、目と同じく特徴的なのが性器の位置。オスは個体によって性器に右利き、左利きがあり、メスも同様に右向きか左向きか、個体によって違いがあります。このようにヨツメウオには、他の熱帯魚と比べて変わった特徴がいくつもある魚なのです。

ヨツメウオの飼育方法とは?

ヨツメウオは肉食で、エビ類などを好みます。ただ、野生の環境では水面に落ちる虫などの落下物を食べていた習性からか、飼育されているヨツメウオも水面に浮かぶものを好んで食べるのが特徴です。そのため、乾燥したクリルなども好んで食べます。

ヨツメウオは活発に動き回る魚のため、水槽は大きめのもの(60~90 cm程度)を用意してください。元々南米など温かい地域に生息する魚のため、水温はだいたい23~28℃を保つようにしましょう。

ヨツメウオ飼育の注意点

ヨツメウオはカビなど水の汚れに弱く、エサも適したものでなければ消化不良を起こしてしまうなど、非常にデリケートな魚として知られています。水質はやや塩分を加えたものが最適であり、合わないようならこまめに調整する必要があります。また、大きくジャンプし水槽から飛び出してしまう場合があるため、フタを忘れずにしめておかなければいけません。

また、ヨツメウオは縄張り意識が強い魚のため、他の熱帯魚との混泳は避けたほうが良いでしょう。ヨツメウオを飼育する際には、単独で飼育するか同種のみにしてください。

珍魚を買うなら飼育に十分注意しよう

その変わったフォルムから、ヨツメウオはアクアリウム愛好家から人気を集める魚です。しかし、エサや水質など注意をしなければならないことが多いため、ヨツメウオを飼育するのであれば、購入の前にしっかりと準備をしてからにしましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクアリウムの初心者が陥りがちなミス3選

アクアリウムの初心者が陥りがちなミス3選

右も左もわからないアクアリウム初心者。そんな初心だからこそ、ついやってしまいがちな飼育方法の間違いをご紹介します。熱帯魚を長生きさせるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。
  12,505 view
熱帯魚を飼うのになぜ水草が必要なの?水草がもたらす嬉しい効果3

熱帯魚を飼うのになぜ水草が必要なの?水草がもたらす嬉しい効果3

熱帯魚飼育を始める時に、なぜ水槽内に水草が必要なのか疑問に思ったことはありませんか?水草がない状態でも熱帯魚飼育はできますが、実は水草は水槽内に素敵な効果をもたらしてくれるんです。今回は水草がもたらしてくれる素敵な3つの効果についてお話します。
  7,661 view
はじめての熱帯魚飼育は飼育セットがおススメ!

はじめての熱帯魚飼育は飼育セットがおススメ!

熱帯魚をはじめて飼う場合、何を揃えたらいいのかわからないですよね。そんな時は、ひとまず飼育セットを購入するという方法がおすすめです。
  4,476 view
初心者でも飼える!人気の高いカクレクマノミの飼育方法

初心者でも飼える!人気の高いカクレクマノミの飼育方法

種類の多いクマノミの中でも小さく、鮮やかなオレンジ色が印象的なカクレクマノミ。可愛らしい姿で人気のカクレクマノミは、初心者でも飼える丈夫な魚です。今回はカクレクマノミを飼う前の準備や飼育方法についてご紹介します。
  5,559 view
まさに生きたインテリア!「ベタ」の魅力

まさに生きたインテリア!「ベタ」の魅力

ベタは、魚の中でも珍しい肺呼吸ができる魚としても有名です。 ベタの飼育ですが、水の管理方法や習性をきちんと理解すれば決してベタの飼育方法は難しいものではありません。比較的簡単に飼育することができるので初心者の方にもオススメです。
  3,424 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事