2017年1月4日 更新

カージナルテトラの飼い方と、ネオンテトラとの違い

鮮やかな体色が特徴のカージナルテトラ。群泳している光景も非常に綺麗な熱帯魚です。 丈夫な魚なので、初心者でも飼育しやすくとても人気があります。そこで、カージナルテトラの飼育方法や購入時の注意点などをご紹介いたします。また、ネオンテトラと見た目が似ているため、その見分け方についてもご紹介致します。

1,506 view

カージナルテトラの購入と飼育について

カージナルテトラの購入を検討している方は注意が必要です。カージナルテトラがかかりやすい病気として白点病という病気があります。見て確認できる症状としては体に白いポツポツができます。ネット通販だと確認することは難しいですが、お店で購入するときは、白いポツポツが無いかしっかり確認しましょう。治療は難しくないのですが、病気を持ち込まないに越したことはありません
また、ヒレがボロボロになっている場合は、尾ぐされ病の可能性があるので注意しましょう。
エサは基本的に何でも食べるので、市販されている人工飼料で大丈夫です。口が小さいので、なるべく粒の小さなものか薄いフレーク状のエサを選びましょう。
栄養価の高い冷凍赤虫なども食べますが、水が汚れやすいので、アクアリウムを初めてやる方は人工飼料が良いでしょう。
エサの量は、数分で食べきれる量を1日2回程度与えましょう。少し足りないかなくらいが丁度良いと言われています。エサを与えすぎると水が汚れる原因になりますので注意しましょう。

カージナルテトラと間違いやすいネオンテトラとの違いは?

ネオンテトラ

ネオンテトラ

カージナルテトラはネオンテトラと見た目が酷似しているため、しばしば間違われます。
しかし良く見ると、カージナルテトラは頭部から尾の根本まで赤いのに対して、ネオンテトラは体の半分だけしか赤くないなどの違いがあります。
また、体長に関しても違いがあります。カージナルテトラはネオンテトラに比べ少し大きく成長します。カージナルテトラが最大4~5㎝なのに対して、ネオンテトラは3~4㎝ほどです。体型に関してはカージナルテトラがスマートなのに対して、ネオンテトラは少しずんぐりした体型をしています。ただし個体差があるので一概には言えません。
環境に左右されますが、カージナルテトラの方が群れて泳ぐことが多いという習性を持っています。ネオンテトラは、最初の間は群泳しますが、環境に慣れ始めると個々で泳ぐようになります。

混泳させても大丈夫?

カージナルテトラは温厚な性格なので、小型のカラシン、ラスボラ、オトシンクルスなどと混泳させても大丈夫です。しかし、中~大型の魚と混泳させる時には注意しましょう。
例えば、エンゼルフィッシュは15㎝以上の大きさに成長することがあるので、カージナルテトラのような小型の熱帯魚を食べてしまう場合があります。
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

もしものときに備えよう!水槽の地震対策!

もしものときに備えよう!水槽の地震対策!

地震大国の日本でアクアリウムをしようと思うのであれば、水槽の地震対策は必須といっても過言ではありません。もしも地震対策を怠っていると、大きな地震が起こったときに、熱帯魚だけでなく自分自身や家族に危険が迫る可能性があります。今回ご紹介する地震対策を参考にして、万全の準備をしておいてください。
  239 view
病気の原因にも……熱帯魚の太りすぎに注意!

病気の原因にも……熱帯魚の太りすぎに注意!

熱帯魚を飼っていると愛着が湧いてきて、「たくさん食べる姿が可愛いから」とついつい餌をあげすぎてしまいがち。しかし、他の生き物と同じく、餌のやりすぎは熱帯魚の肥満を招く原因となります。ここでは、熱帯魚が肥満になることのデメリットや、肥満にさせないための対策についてご紹介します。
  413 view
最近話題のコケリウムって何!?管理はどうする!?

最近話題のコケリウムって何!?管理はどうする!?

アクアリウムやテラリウムなど様々な水槽レイアウトがありますが、そんな中でここ最近「コケリウム」が話題となっているのをご存知でしょうか?手軽にできて管理も楽チンと、ちょっとしたインテリアにも最適といわれています!今回はそんなコケリウムをご紹介します!
  685 view
飼っていた熱帯魚が死んでしまったとき、どうすればいい?

飼っていた熱帯魚が死んでしまったとき、どうすればいい?

生き物には必ず死が訪れるもの。分かってはいても、愛する熱帯魚の死は非常に辛いものですよね。しかし、いつまでも悲しんでいるわけにもいきません。熱帯魚が死んでしまったとき、どういった行動をとればいいか、分からない人は多いのではないでしょうか。死後にしっかりと葬ってやることも、飼い主の務めです。正しい葬り方について、ここではご紹介していきます。
  730 view
コケはコケでも良いコケ!ウィローモスを育成しよう!

コケはコケでも良いコケ!ウィローモスを育成しよう!

コケと言うとアクアリウムではあまり良いイメージがないかと思いますが、コケの中には水槽のレイアウトなどに使用されるものもあります。その代表格がウィローモスでしょう。ウィローモスは比較的安価で入手することができ育成も簡単ながらレイアウトに取り入れやすいということもあり、初心者から上級者まで多くの方がレイアウトに使用しています!今回はそんなウィローモスについてのお話です。
  868 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事