2017年9月9日 更新

自作も可能?水質維持に効果アリのプロテインスキマー!

海水アクアリウムでは必須の飼育設備、プロテインスキマー。淡水アクアリウムしかやったことがないという方にはあまり聞き覚えのない名称かもしれません。今後もし海水アクアリウムにも挑戦したいと考えているなら、これを機にプロテインスキマーについて知っておきましょう。

334 view

プロテインスキマーとは?

プロテインスキマーとは、海水アクアリウムの水槽に設置するたんぱく質除去機です。海水の粘性を活かして泡を発生させることで、水中に含まれるたんぱく質を除去してくれます。ここで言うたんぱく質とは、魚の排泄物や食べ残しのこと。これらは放っておくとバクテリアによって有害物質であるアンモニア、亜硝酸に変化しますが、プロテインスキマーを使えば有害物質に変化する前に除去することができ、透明度の高い水を維持することができます。

知っておきたい!プロテインスキマーの種類

プロテインスキマーには、大きく分けて「エアーリフト式」と「ベンチュリー式」の2種類があります。エアーリフト式とは、エアーポンプにつなげた木製のエアーストーンから微細な泡を発生させ、不純物を上昇させるもの。機械の上部に有機物が溜まるので、定期的に掃除を行いましょう。場所をあまりとらないので、小型の水槽に最適です。

一方、ベンチュリー式の機械はポンプ内のインペラーで空気をかき混ぜることで微細な泡を出し、その泡を浮上させて不純物を濾し取る仕組みになっています。エアーリフト式に比べてパワーがあるのが特徴で、大型の水槽に適しています。
エアーリフト式プロテインスキマー

エアーリフト式プロテインスキマー

ベンチュリー式プロテインスキマー

ベンチュリー式プロテインスキマー

プロテインスキマーを設置するメリットとは

プロテインスキマーは不純物を濾し取ってくれるため、設置すれば水換えの頻度を減らすことができたり、フィルターの負担を少なくすることが可能です。また、水の黄ばみや匂い、コケの発生を抑える効果も。生体に適した水質を維持してくれ、病原菌もある程度は除去できるので、病気の発生の予防にもつながります。

プロテインスキマーは自作も可能?

そんなプロテインスキマーですが、実は自作も可能です。

ネット検索で”プロテインスキマー 自作”や”プロテインスキマー ペットボトル”などと検索すると多くの方が自作プロテインスキマーを紹介しているので興味のある方はご覧ください。

プロテインスキマーは比較的簡単に自作することができますが、耐久性や掃除のしにくさがデメリットとして挙げられます。プロテインスキマーは安価なものなら4000円前後から購入することができるので、本格的に海水アクアリウムを行うならぜひ利便性や耐久性の高いものを購入しましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

「アクアリウムを始めよう!」そう思った時に、ほぼ必ずといっていいほど必要となるのが水槽です。水槽にはガラス水槽とアクリル水槽があり、それぞれ違った特徴を持っています。そこで今回はガラス水槽とアクリル水槽の特徴や水槽の選び方などをご紹介していきます!
  253 view
中古の水槽はここに注目!少しでも良い水槽を見極めましょう

中古の水槽はここに注目!少しでも良い水槽を見極めましょう

「アクアリウムを始めてみたいけど、費用が…」「買い換えたいけど、お金が…」そんな悩みを持っている方も少なくないはずです。そんな時に比較的安価で手に入れることのできる中古品は非常に重宝しますよね。しかし中古品は購入前にしっかりと見極めなければ「安物買いの銭失い」になってしまうことも…特に水槽は状態が悪いものでは水漏れしてしまう可能性があり、大惨事になってしまいかねません。そこで今回は中古の水槽を買う際にチェックしておきたいポイントについてのお話です。
  165 view
水槽のコケ取りをしてくれる生物たちをご紹介!

水槽のコケ取りをしてくれる生物たちをご紹介!

水槽内に発生するコケは掃除をしてもまたすぐに発生する厄介な存在です。コケをこまめに掃除するのが面倒!と感じたら水槽にコケを食べる生物を投入してみてはいかがでしょうか。水槽内にお掃除屋がいれば水槽の景観を汚すコケを喜んで食べてくれるので、掃除の手間が省けて便利ですよ!
  820 view
水槽に活性炭を入れても効果はない?賛否両論の活性炭のお話

水槽に活性炭を入れても効果はない?賛否両論の活性炭のお話

水槽に活性炭を入れておくと、活性炭が水中のアンモニアを吸着して臭いや濁りを除去してくれるという説が一部のアクアリストの間でまことしやかに語られています。確かに、多くの種類の水槽用活性炭が販売されていますが、活性炭に水中のアンモニアや亜硝酸を吸着する力はありません。ではなぜ水槽用活性炭が販売されているのでしょうか。活性炭に関する事実と噂の境目を明らかにしてみました。
  415 view
アクアリウム照明のなかでももっとも歴史が長い「蛍光灯」について知ろう

アクアリウム照明のなかでももっとも歴史が長い「蛍光灯」について知ろう

室内に設置したアクアリウムにとって照明は太陽。照明は水槽内の様子を綺麗に見せるために必要なだけでなく、水草の生長を促すためにも一役買っています。現在、アクアリウム用の照明として販売されている製品には蛍光灯、LED、メタルハライドランプなどがありますが、今回はそのなかでもっとも古くから使われている蛍光灯について知識を深めていきましょう。
  353 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事