2017年9月9日 更新

自作も可能?水質維持に効果アリのプロテインスキマー!

海水アクアリウムでは必須の飼育設備、プロテインスキマー。淡水アクアリウムしかやったことがないという方にはあまり聞き覚えのない名称かもしれません。今後もし海水アクアリウムにも挑戦したいと考えているなら、これを機にプロテインスキマーについて知っておきましょう。

580 view

プロテインスキマーとは?

プロテインスキマーとは、海水アクアリウムの水槽に設置するたんぱく質除去機です。海水の粘性を活かして泡を発生させることで、水中に含まれるたんぱく質を除去してくれます。ここで言うたんぱく質とは、魚の排泄物や食べ残しのこと。これらは放っておくとバクテリアによって有害物質であるアンモニア、亜硝酸に変化しますが、プロテインスキマーを使えば有害物質に変化する前に除去することができ、透明度の高い水を維持することができます。

知っておきたい!プロテインスキマーの種類

プロテインスキマーには、大きく分けて「エアーリフト式」と「ベンチュリー式」の2種類があります。エアーリフト式とは、エアーポンプにつなげた木製のエアーストーンから微細な泡を発生させ、不純物を上昇させるもの。機械の上部に有機物が溜まるので、定期的に掃除を行いましょう。場所をあまりとらないので、小型の水槽に最適です。

一方、ベンチュリー式の機械はポンプ内のインペラーで空気をかき混ぜることで微細な泡を出し、その泡を浮上させて不純物を濾し取る仕組みになっています。エアーリフト式に比べてパワーがあるのが特徴で、大型の水槽に適しています。
エアーリフト式プロテインスキマー

エアーリフト式プロテインスキマー

ベンチュリー式プロテインスキマー

ベンチュリー式プロテインスキマー

プロテインスキマーを設置するメリットとは

プロテインスキマーは不純物を濾し取ってくれるため、設置すれば水換えの頻度を減らすことができたり、フィルターの負担を少なくすることが可能です。また、水の黄ばみや匂い、コケの発生を抑える効果も。生体に適した水質を維持してくれ、病原菌もある程度は除去できるので、病気の発生の予防にもつながります。

プロテインスキマーは自作も可能?

そんなプロテインスキマーですが、実は自作も可能です。

ネット検索で”プロテインスキマー 自作”や”プロテインスキマー ペットボトル”などと検索すると多くの方が自作プロテインスキマーを紹介しているので興味のある方はご覧ください。

プロテインスキマーは比較的簡単に自作することができますが、耐久性や掃除のしにくさがデメリットとして挙げられます。プロテインスキマーは安価なものなら4000円前後から購入することができるので、本格的に海水アクアリウムを行うならぜひ利便性や耐久性の高いものを購入しましょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水槽の水質を検査してみませんか?

水槽の水質を検査してみませんか?

アクアリウムをする際、欠かせないのが水質の管理です。水槽内の水質が適正な値になっていないと、熱帯魚や水草が病気になったり死んでしまう可能性があったりするためです。しかし、アクアリウム初心者の方は意外と水質に関する知識が乏しい方も多いもの。そこで今回は検査するべき項目や、水質検査の方法などについてまとめてみました。
  249 view
水草の増えすぎに注意!水槽に悪影響が…?

水草の増えすぎに注意!水槽に悪影響が…?

水草は水槽内のインテリアとしても重宝するだけでなく、光合成によって酸素を放出し、有機物を分解して水質を安定させるために必要な存在です。しかし、水草が増えすぎると、かえって水槽内の環境が悪化してしまうことも。今回は水草が増えすぎることの問題点とその対処法をご紹介します。
  927 view
水草のトリミング!3つのカット方法をご紹介

水草のトリミング!3つのカット方法をご紹介

有茎草をトリミングせずに放置すると伸び続けた茎が水面を覆い、水中に十分な光が届かなくなることがあります。水槽内の他の水草や有茎草自身を元気に育成するためには、伸びた水草を日常的にカットして、光不足を解消することが大切です。
  635 view
ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

「アクアリウムを始めよう!」そう思った時に、ほぼ必ずといっていいほど必要となるのが水槽です。水槽にはガラス水槽とアクリル水槽があり、それぞれ違った特徴を持っています。そこで今回はガラス水槽とアクリル水槽の特徴や水槽の選び方などをご紹介していきます!
  654 view
中古の水槽はここに注目!少しでも良い水槽を見極めましょう

中古の水槽はここに注目!少しでも良い水槽を見極めましょう

「アクアリウムを始めてみたいけど、費用が…」「買い換えたいけど、お金が…」そんな悩みを持っている方も少なくないはずです。そんな時に比較的安価で手に入れることのできる中古品は非常に重宝しますよね。しかし中古品は購入前にしっかりと見極めなければ「安物買いの銭失い」になってしまうことも…特に水槽は状態が悪いものでは水漏れしてしまう可能性があり、大惨事になってしまいかねません。そこで今回は中古の水槽を買う際にチェックしておきたいポイントについてのお話です。
  387 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事