2017年7月28日 更新

アクアリウム+フィギュア!フィギュアを入れたレイアウトが一部で話題に

アクアリウム最大の魅力は、自分だけのオリジナルな空間を作り出せるところです。しかし、思い描くレイアウトは従来のアクアリウムグッズだけだと限界があります。そこで試してみて欲しいのが、お手持ちのフィギュアです!馬鹿なことをいうなと思われる人も多いかもしれませんが、実際にフィギュアを水槽に沈めオブジェとしている人は存在します。それでは、フィギュアを使ったメリットとはいったいなんなのでしょうか。

289 view

フィギュアを使ってより世界観を深める

水槽のなかに自分独自の世界を築き上げたいと考えたとき、まずは市販されているアクアリウム用のオブジェを購入しようと考えるかもしれません。もちろんそれで十分なケースもありますが、自分の頭にある世界観をより精巧に表現しようと思うと、市販のオブジェでは物足りなくなってしまうかもしれません。

そんなときに取り入れたいのが、フィギュアというわけです。ありとあらゆる種類が存在するフィギュアを水槽に取り入れれば、たいていの世界は表現できるといっても過言ではありません。日常、SF、ファンタジーなど、望む世界を水のなかに作りあげていきましょう!

フィギュアを水槽に入れる際の注意点

アクアリウム用のオブジェなどと違い、多くのフィギュアは水中に入れることを想定して作られてはいません。そのため、塗料が剥がれたり、グニャグニャになってしまったりする場合があります。フィギュアだけが犠牲になるだけならまだしも、場合によっては魚に被害が及ぶこともあるので、十分注意をしていきましょう。

金属系や塗装が剥がれやすそうなもの、接着剤が使用されているものなどは、できるだけ水槽に入れないようにしておきましょう。
アクアリウム専用のアクセサリーも販売されています

アクアリウム専用のアクセサリーも販売されています

フィギュアを使って理想の水槽を作ろう!

これまで多くのアクアリウム用オブジェは使用してきたものの、フィギュアを使うという発想はなかった、という人は多いのではないでしょうか。これを機にフィギュアも水槽に盛り込み、自分の理想とする水槽を実現していきましょう!
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コケはコケでも良いコケ!ウィローモスを育成しよう!

コケはコケでも良いコケ!ウィローモスを育成しよう!

コケと言うとアクアリウムではあまり良いイメージがないかと思いますが、コケの中には水槽のレイアウトなどに使用されるものもあります。その代表格がウィローモスでしょう。ウィローモスは比較的安価で入手することができ育成も簡単ながらレイアウトに取り入れやすいということもあり、初心者から上級者まで多くの方がレイアウトに使用しています!今回はそんなウィローモスについてのお話です。
  274 view
熱帯魚の混泳に向き・不向きはある?

熱帯魚の混泳に向き・不向きはある?

アクアリウムをしていると多くの熱帯魚を水槽の中に入れたいと思うことはありませんか?沢山の熱帯魚が泳ぐ水槽は、それだけで満足感がありますよね。しかし一つの水槽で複数種類の熱帯魚を飼育する場合気をつけなければいけないことがあるんです…。
  286 view
和風?洋風?インテリアを買う前に理想の水槽をイメージしよう!

和風?洋風?インテリアを買う前に理想の水槽をイメージしよう!

「水中を元気に泳ぐ熱帯魚に元気を貰いたい」「悠然と揺らめく水草に癒やされたい」など、アクアリウムの楽しみ方は人それぞれですが、水槽のなかに自分が思い描く理想の世界を作り出せるという醍醐味も、間違いなくアクアリウムの持つ大きな魅力の1つでしょう。自分の理想を実現するために欠かせないのがインテリアです。しかしインテリアを購入する前に、1つ確認しておかなければならないことがあります。それは、自分がどのような水槽を作りたいか、イメージをしておくことです。
  404 view
フタが無い!?オープンアクアリウムの楽しみ方と注意点!

フタが無い!?オープンアクアリウムの楽しみ方と注意点!

普通のアクアリウムに慣れてくると、色んなレイアウトや形態に挑戦してみたいと思う方も多いはず。そこで今回はオープンアクアリウムについての情報をお届けします!普通のアクアリウムよりも楽しみ方が増えるオープンアクアリウムですが、挑戦して失敗する方も多いようです…。
  614 view
金魚が卵を産んだらどうする?知っておきたい有精卵の見分け方

金魚が卵を産んだらどうする?知っておきたい有精卵の見分け方

メスの金魚を飼っていると、時に卵を産むことがあります。卵が有精卵だった場合はあっという間に孵化するため、卵を発見したらすみやかに対処する必要があります。飼っている金魚が突然卵を産んでも焦ることのないよう、そんなときの対処法を事前に学んでおきましょう。
  218 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事