2017年7月30日 更新

雰囲気抜群!でも注意が必要?メタルハライドランプとは

アクアリウムにおいて、水草の生長や熱帯魚の健康維持のために照明が不可欠なのはご存じでしょう。主に使用される照明としては「蛍光灯」「LED」「メタルハライドランプ」がありますが、中でもメタルハライドランプは「水槽の雰囲気が良くなる」とアクアリウム上級者から人気を集めているようです。今回はそんなメタルハライドランプにフォーカスを当ててみました。

990 view

メタルハライドランプとは

メタルハライドランプ(通称:メタハラ)は、太陽光に近い非常に明るい光を発する照明です。メタハラはアクアリウムのほか、野球場の照明としても使用されています。夜の野球場のあのまぶしさを思い出せば、メタハラのパワーがどの程度強力なものなのか見当がつくことでしょう。

メタハラは他の照明とは違って水槽の上に置くタイプではなく、吊り下げて使用するのが特徴。そのため水槽掃除の際にわざわざどかす必要がなく、見た目にもスタイリッシュです。

メタハラの魅力

メタハラの魅力は、何と言ってもアクアリウムを雰囲気抜群に見せてくれる点でしょう。メタハラの光は真下に真っすぐ届くため、真下とそれ以外の場所で光の当たり方に強弱が生まれ、まるで自然界を再現したようなムードのある陰影をつくり出します。

また、吊り下げタイプのためオープンアクアリウムを実現できるのも嬉しいポイント。すっきりと洗練された、非常に「上級者っぽい」レイアウトに仕上がります。

知っておきたいメタハラ使用の注意点

ただし、そんなメタハラにもデメリットがあることを知っておきましょう。メタハラの光は強力かつ太陽光と近い波長をもつため水草の生長を促してくれますが、光の当たり方にムラがあるので陰となる部分の水草がうまく育たないことがあります。そのような場合は、陰の部分に陰性植物をうまくレイアウトする高等テクニックが必要となります。

また、本体価格や電球が非常に高価、稼働時は高温になるため水温や室温が上昇してしまう、強い光のせいでコケが発生しやすいといった特徴もあります。そのため、初期費用やランニングコストが高く、維持にはお金も手間もかかります。

雰囲気抜群のメタハラはちょっと上級者向け

自然のような雰囲気たっぷりのアクアリウムをつくりたい人にはぴったりのメタルハライドランプですが、使いこなすにはレイアウトのテクニックのほか、お金や手間をかけるだけの覚悟が必要です。初心者にはあまりおすすめしませんが、アクアリウムの知識と情熱に自信のある上級者の方にとっては、理想のアクアリウムをつくる大きな手助けとなることでしょう。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

注意したい「伝い漏れ」の原因と防止法!

注意したい「伝い漏れ」の原因と防止法!

アクアリウムをするうえで、避けなければいけないのが水漏れです。基本的に水漏れは水槽に何らかの不具合が生じた際に発生しやすいですが、中にはそうでない場合も。水槽に問題がないにも関わらず水漏れが発生している場合は、「伝い漏れ」が起きているかもしれません。伝い漏れがなぜ起こるのか、原因と対処法をしっかり把握しておきましょう!
  1,280 view
水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

アクアリウムを行ううえで、大きな不安となるのが「水槽の水漏れ」です。水漏れは水槽内にも水槽外にも大きな悪影響を及ぼすため、なんとしても防がなければいけません。そのためには、水漏れの原因にどのようなものがあるか知り、しっかりとした対策を練る必要があります。
  1,363 view
水槽台って必要?自作でも大丈夫?

水槽台って必要?自作でも大丈夫?

熱帯魚飼育を始めるときは生体や水草など、第一に水槽の中身を充実させることを考えます。そのため、初めての熱帯魚飼育で照明やヒーターなどの水槽周りの設備に工夫を凝らす人は少数派です。特に水槽台の必要性は見落とされがちで、水槽は電子レンジのラックや玄関の下駄箱の上におもむろに置かれることもしばしば。水槽をどこに置くかは個人の自由ですが、せっかくきれいな熱帯魚を飼うなら水槽台を設置されてはいかがでしょうか?
  2,047 view
水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

生き物を飼育する以上は、フンやエサなどの独特な臭いから逃れることはできません。しかし、匂いの原因に適切な対応をすることで、不快な臭いを最小限にとどめることは可能です。今回は水槽から嫌な臭いがしたときに確認すべきポイントと、臭いを除去する方法をご紹介します。
  2,653 view
水草が枯れてしまった!その原因は!?

水草が枯れてしまった!その原因は!?

アクアリウムを行ううえで欠かせないのが水草です。水草のタイプや量によって、思い描く水槽が実現できるかが決まるといっても過言ではありません。しかし、注意しておかないとせっかく入れた水草が枯れてしまう場合があります。しっかりと水草を枯らさない対策を練るため、ここで枯れる原因について覚えておきましょう。
  1,618 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事