2017年2月5日 更新

成長すると外見が変化する!不思議な魚エンツユイとは?

成長すると外見が変わるエンツユイ!その成長を見守ろうとするならば、エンツユイの生態に関する勉強や、飼育設備を整える努力が必要です。ぜひ飼育を成功させて、その身体の変化の謎を解き明かしましょう。

1,245 view

成長とともに外見が変化する魚・エンツユイの不思議に迫る

自分の水槽で、魚がすくすく育っていくのを見るのは嬉しいことです。毎日エサを与え、定期的に掃除をし、温度や水質に気を遣いながら大切に育てた魚だからこそ、成魚まで成長した時の喜びはひとしお。しかし、かわいい見た目に惹かれて飼育を始めた魚が、まったく別の魚のような見た目に成長したらどうですか?今回は成長すると外見が変わる魚「エンツユイ」の不思議に迫ります。

エンツユイってどんな魚?

エンツユイ(胭脂魚)は、中国生まれの魚で、コイ目サッカー科の中では唯一アジアに生息している種です。大きさ15cmほどの幼魚のうちはゼブラ柄で、背びれの前側が突き出した高さのある形をしています。

成長すると、身体の色が白黒からオリーブグリーンに変化し、身体の中心に赤い横縞が一本入ります。大きさも全長60cmから1mほどまでに成長し、体形もコイのように細長くなります。

エンツユイの魅力

色や形だけでなく、模様の向きまで変わってしまうエンツユイはとても不思議な魚です。その変化していく成長過程を観察できたらとってもおもしろいと思いませんか?

しかし、エンツユイはエサでの飼育が難しく、栄養の偏りから餓死してしまうことも少なくありません。成長を見守ろうとするならば、エンツユイの生態に関する勉強や、飼育設備を整える努力が必要です。

特性と飼育するときの注意点

大きな水槽の用意が必要

幼魚のうちは45cm水槽で飼い始めることができますが、最終的に60cmを超えるエンツユイのために、最低でも120cm水槽の用意が必要になります。

水温の上がりすぎに注意

エンツユイは温帯に生息する魚です。25度を超えないよう水槽用のクーラーなどで調整してください。低温への耐性は高いので、10度程度でも成長を続けることができます。

最重要課題はエサの選定

エンツユイは水槽の底の砂をさぐったり、石の表面についた苔をなめとったりして栄養をとります。泥の中の微生物を食べるのが本来の生態なので、人工のエサが合わなかったり、栄養が偏ったりして餓死してしまうことが多いのがエンツユイ飼育の課題です。いろいろな栄養が採れるよう、バラエティに富んだエサやりを心がけましょう。

このように、成魚まで育てるには手のかかるエンツユイですが、なんとしても飼育を成功させて、その身体の変化の謎を解き明かしたいものです。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

砂から頭をニョキっと出している姿が特徴的な「チンアナゴ」。水族館でも非常に人気があり、ぬいぐるみなど様々なグッズも販売されていますね。そんなチンアナゴはあまり個人で飼育をするイメージがないかもしれませんが、実は販売もされていてご家庭でも飼育することができるんです!そこで今回はチンアナゴの飼育方法などをまとめてみました。
  234 view
熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

人懐っこくて可愛いと評判のミドリフグ。見た目の小ささに加え、クリっとした目で多くのアクア二スタを癒しているようです。最近では、熱帯魚ショップの他、ゲームセンターのUFOキャッチャー景品にも登場。今回は人気高いミドリフグの生態から飼い方までをご紹介します。
  435 view
半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

見た目の美しさから、高い人気を集める熱帯魚「ベタ」。ベタには数多くの種類がありますが、そのなかで一際美しいとされる種類をご存知でしょうか。それが今回ご紹介する熱帯魚「ハーフムーン」です。日本ではベタのなかでもっとも高い人気を誇るとされるこのハーフムーン。いったいどのようなところが魅力なのでしょうか。
  232 view
シマウマみたい!?「ゼブラキャット」の飼育方法!

シマウマみたい!?「ゼブラキャット」の飼育方法!

シマウマのような縞模様が特徴的なナマズの一種、ゼブラキャット。「飼ってみたいけれど情報が少なくてちゃんと飼えるか心配」という方もいるのでは?ここではそんな方に向けて、ゼブラキャットの生態から飼い方までを詳しくご説明します。
  331 view
歩く珍妙な魚「ウォーキングバットフィッシュ」の飼育方法!

歩く珍妙な魚「ウォーキングバットフィッシュ」の飼育方法!

見た瞬間に思わず「なんだこれ!」と言いたくなってしまう珍妙な魚、「ウォーキングバットフィッシュ」。黒くてゴツゴツしている見た目ですが、「顔はキュートな困り顔」と評判です。海底を歩く性質とコウモリのような見た目から、ウォーキングバットフィッシュ(別名ロングノーズバットフィッシュ)と名付けられたそうです。今回は「実際に家でウォーキングバットフィッシュを飼育してみたい!」という人向けに、ウォーキングバットフィッシュの生態と飼育方法についてご紹介します。
  613 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事