2017年2月5日 更新

成長すると外見が変化する!不思議な魚エンツユイとは?

成長すると外見が変わるエンツユイ!その成長を見守ろうとするならば、エンツユイの生態に関する勉強や、飼育設備を整える努力が必要です。ぜひ飼育を成功させて、その身体の変化の謎を解き明かしましょう。

810 view

成長とともに外見が変化する魚・エンツユイの不思議に迫る

自分の水槽で、魚がすくすく育っていくのを見るのは嬉しいことです。毎日エサを与え、定期的に掃除をし、温度や水質に気を遣いながら大切に育てた魚だからこそ、成魚まで成長した時の喜びはひとしお。しかし、かわいい見た目に惹かれて飼育を始めた魚が、まったく別の魚のような見た目に成長したらどうですか?今回は成長すると外見が変わる魚「エンツユイ」の不思議に迫ります。

エンツユイってどんな魚?

エンツユイ(胭脂魚)は、中国生まれの魚で、コイ目サッカー科の中では唯一アジアに生息している種です。大きさ15cmほどの幼魚のうちはゼブラ柄で、背びれの前側が突き出した高さのある形をしています。

成長すると、身体の色が白黒からオリーブグリーンに変化し、身体の中心に赤い横縞が一本入ります。大きさも全長60cmから1mほどまでに成長し、体形もコイのように細長くなります。

エンツユイの魅力

色や形だけでなく、模様の向きまで変わってしまうエンツユイはとても不思議な魚です。その変化していく成長過程を観察できたらとってもおもしろいと思いませんか?

しかし、エンツユイはエサでの飼育が難しく、栄養の偏りから餓死してしまうことも少なくありません。成長を見守ろうとするならば、エンツユイの生態に関する勉強や、飼育設備を整える努力が必要です。

特性と飼育するときの注意点

大きな水槽の用意が必要

幼魚のうちは45cm水槽で飼い始めることができますが、最終的に60cmを超えるエンツユイのために、最低でも120cm水槽の用意が必要になります。

水温の上がりすぎに注意

エンツユイは温帯に生息する魚です。25度を超えないよう水槽用のクーラーなどで調整してください。低温への耐性は高いので、10度程度でも成長を続けることができます。

最重要課題はエサの選定

エンツユイは水槽の底の砂をさぐったり、石の表面についた苔をなめとったりして栄養をとります。泥の中の微生物を食べるのが本来の生態なので、人工のエサが合わなかったり、栄養が偏ったりして餓死してしまうことが多いのがエンツユイ飼育の課題です。いろいろな栄養が採れるよう、バラエティに富んだエサやりを心がけましょう。

このように、成魚まで育てるには手のかかるエンツユイですが、なんとしても飼育を成功させて、その身体の変化の謎を解き明かしたいものです。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

海水魚の女王!?「クイーンエンゼルフィッシュ」の飼育方法!

海水魚の女王!?「クイーンエンゼルフィッシュ」の飼育方法!

海水魚の女王と呼ばれ、アクアリウム愛好家から根強い人気を得ているエンゼルフィッシュ。しかし上には上がいるとでもいうように「クイーン」の名を冠したエンゼルフィッシュも存在します。女王の中の女王と聞くと江戸時代の大奥を思い出してしまいますが、その姿を見ればクイーンと称される理由にも納得がいくでしょう。
  80 view
逆さに泳ぐ熱帯魚!?「サカサナマズ」の特徴と飼い方

逆さに泳ぐ熱帯魚!?「サカサナマズ」の特徴と飼い方

名前の通りお腹を水面に向けて泳ぐ不思議な熱帯魚「サカサナマズ」。その生体の不思議さから小型のナマズの中でも人気のある熱帯魚と言われています。今回は古くから観賞用として楽しまれていたこのサカサナマズはどんな熱帯魚なのか、また飼育方法や注意点などをご紹介していきます
  378 view
熱帯魚にワニ現る!?「クロコダイルフィッシュ」の特徴と飼育方法

熱帯魚にワニ現る!?「クロコダイルフィッシュ」の特徴と飼育方法

「せっかく熱帯魚を飼うなら変わっている熱帯魚を飼いたいな~」と思っている人にオススメなのは「クロコダイルフィッシュ」です。名前から受ける強そうなイメージ通り、肉食性で生きたメダカなどの小魚をエサにします。今回はクロコダイルフィッシュの特徴と飼育方法をご紹介します!
  539 view
まるで蝶!?古代魚「バタフライフィッシュ」の飼育法!

まるで蝶!?古代魚「バタフライフィッシュ」の飼育法!

アロワナの近縁ながら、最大でも15cm程度と小型な古代魚「バタフライフィッシュ」。大きな胸びれ、尾びれを持つ独特の姿と、おとなしく飼いやすい性質が魅力です。今回はそんなバタフライフィッシュの生態や飼育方法、混泳できる魚についてお話ししていきたいと思います。
  524 view
熱帯魚をショップから家に輸送する時の注意点とは?

熱帯魚をショップから家に輸送する時の注意点とは?

熱帯魚の飼育は家の水槽に移す前から始まっています。ショップで熱帯魚を購入すると、水槽の水と酸素が入ったビニール袋に熱帯魚を入れてくれますが、扱い方を間違えるとストレスや衝撃によって熱帯魚が弱ってしまいます。魚の元気を保ったまま自宅の水槽に迎え入れるには、輸送の際に何に注意すればいいのでしょうか?
  893 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事