2017年8月2日 更新

アクアリウム照明のなかでももっとも歴史が長い「蛍光灯」について知ろう

室内に設置したアクアリウムにとって照明は太陽。照明は水槽内の様子を綺麗に見せるために必要なだけでなく、水草の生長を促すためにも一役買っています。現在、アクアリウム用の照明として販売されている製品には蛍光灯、LED、メタルハライドランプなどがありますが、今回はそのなかでもっとも古くから使われている蛍光灯について知識を深めていきましょう。

862 view

蛍光灯の特徴とは

蛍光灯は水槽用の照明としてもっとも一般的であり、色味や明るさ、発熱性などの性能の違いで様々な製品が販売されています。蛍光ランプを取りつける本体さえあれば、アクアリウム専用でない家庭用の蛍光ランプでも取りつけることができ、自分が目指す水槽のイメージや予算に合わせて、好きな製品を選びやすいことも特徴です。

蛍光灯の光は、水草育成に必要な「赤色」の波長を含んでいるため、適切に光を照射すれば流通している水草のほとんどを育てることができます。そのため、いろいろな種類の水草を育てたいという人や、水草育成の費用を抑えたいという人には特にオススメです。消費電力が少なく寿命が長いことで知られるLEDには水草を育てにくい光を出すものもありますが、蛍光灯で育たない水草はまずないといっていいでしょう。

蛍光灯には3つの種類がある

蛍光灯は対応する蛍光ランプの違いによって以下の3つに分けられます。

スターター(グロースターター)式

アクアリウムで使用される一般的な蛍光灯照明。極端に育成の難易度が高いものを除き、ほとんどの水草を育成できる。「FL」の表記がある蛍光ランプに対応している。

インバーター型

同じ電力消費でより明るく出力できるのがこのタイプ。もっとも水草育成に向いているが本体価格は割高である。対応ランプは「FLF」の表記があるもの。

ラビットスタート型

水槽用照明としてはあまり使われなくなったが、現在でも一部で流通している。「FLR」の表記があるランプに対応する。

蛍光灯の色や明るさに不満があるときは

蛍光灯のデメリットは、使用するうちに蛍光ランプが劣化し半年ほどで取り換えが必要になる点です。明るさが暗くなってきたときや、模様替えで照明の色味を変えたくなったときは蛍光ランプの買い替えを検討しましょう。

蛍光ランプを変えるだけでも水槽の印象はガラリと変わります。LEDやメタハラなどの照明器具ではここまで気軽に照明の明るさや色味を変えることはできません。蛍光灯は他の照明よりも商品数が圧倒的に多いので、選ぶ楽しさを味わいながら水槽の個性を追求できることが魅力で、コストパフォーマンスもいいことから多くのアクアリストに選ばれています。

蛍光灯のメリットをまとめると…

LEDやメタハラなどの高性能な照明が登場しても、蛍光灯が選ばれ続けているのには、コストパフォーマンスと扱いやすさに理由がありました。水草も生体も育てやすいのでアクアリウムに設置する初めての照明器具として特にオススメです。照明器具で迷ったら、まず蛍光灯を購入し、そのあとで自分好みのランプを探していくといいかもしれません。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

注意したい「伝い漏れ」の原因と防止法!

注意したい「伝い漏れ」の原因と防止法!

アクアリウムをするうえで、避けなければいけないのが水漏れです。基本的に水漏れは水槽に何らかの不具合が生じた際に発生しやすいですが、中にはそうでない場合も。水槽に問題がないにも関わらず水漏れが発生している場合は、「伝い漏れ」が起きているかもしれません。伝い漏れがなぜ起こるのか、原因と対処法をしっかり把握しておきましょう!
  1,280 view
水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

アクアリウムを行ううえで、大きな不安となるのが「水槽の水漏れ」です。水漏れは水槽内にも水槽外にも大きな悪影響を及ぼすため、なんとしても防がなければいけません。そのためには、水漏れの原因にどのようなものがあるか知り、しっかりとした対策を練る必要があります。
  1,363 view
水槽台って必要?自作でも大丈夫?

水槽台って必要?自作でも大丈夫?

熱帯魚飼育を始めるときは生体や水草など、第一に水槽の中身を充実させることを考えます。そのため、初めての熱帯魚飼育で照明やヒーターなどの水槽周りの設備に工夫を凝らす人は少数派です。特に水槽台の必要性は見落とされがちで、水槽は電子レンジのラックや玄関の下駄箱の上におもむろに置かれることもしばしば。水槽をどこに置くかは個人の自由ですが、せっかくきれいな熱帯魚を飼うなら水槽台を設置されてはいかがでしょうか?
  2,047 view
水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

生き物を飼育する以上は、フンやエサなどの独特な臭いから逃れることはできません。しかし、匂いの原因に適切な対応をすることで、不快な臭いを最小限にとどめることは可能です。今回は水槽から嫌な臭いがしたときに確認すべきポイントと、臭いを除去する方法をご紹介します。
  2,653 view
水草が枯れてしまった!その原因は!?

水草が枯れてしまった!その原因は!?

アクアリウムを行ううえで欠かせないのが水草です。水草のタイプや量によって、思い描く水槽が実現できるかが決まるといっても過言ではありません。しかし、注意しておかないとせっかく入れた水草が枯れてしまう場合があります。しっかりと水草を枯らさない対策を練るため、ここで枯れる原因について覚えておきましょう。
  1,618 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事