2017年2月24日 更新

初心者におすすめ!扱いやすさが魅力の30cmキューブ水槽

アクアリウムを始めるにあたって、まず大事になってくるのは「水槽」ではないでしょうか。大きさは金魚鉢サイズから1m以上するものまであり、デザインも多岐にわたっているため、どんな水槽が最適なのか、中々決めることができないかもしれません。そんな方に向けて、ここではアクアリウム利用者からも評価の高い「30cmキューブ水槽」をおすすめしていきます。

398 view

30cmキューブ水槽が人気の理由

30cmキューブ水槽が人気な理由として、まず挙げられるのは「扱いやすさ」です。1人で抱えて動かせるくらいの、絶妙な大きさと重さ。小型水槽に分類されるだけあって、掃除も手軽におこなうことができます。

また、手ごろな大きさのため、維持も非常に楽です。アクアリウムにおいて重要なのは、日々の細かなメンテナンス。水を換え、ゴミをとり、こびりついた苔を落とすといったことは、当然水槽が大きくなればなるだけ作業量も増えていきます。

コストを抑えることができるというのも、大きなポイントの1つ。ライトやモーターを使うことでかかる電気代も、大型の水槽に比べて当然安くなるため、おすすめです。

30cmキューブ水槽の注意点

色々と利点のある30cmキューブ水槽ですが、注意しなければならない点ももちろんあります。それは形状が真四角であるため、それなりに水量が入り、見た目以上に重くなるということです。そのため、水槽を置く台が弱いものだと簡単に歪んでしまい、水槽が破損する要因となってしまう可能性があります。なるべく水槽専用台に置くようにしましょう。

また、水槽の中では比較的小さいものになるため、収容できる生物の数はそう多くないこと、そこまで大きな生物は飼育できないという点も把握しておかなければいけません。

30cmキューブ水槽はどんな魚に向いてる?

決して大きな水槽ではないため、飼育するのなら日本メダカやグッピー、ネオンテトラ、コリドラスなど小型の観賞魚がおすすめです。注意したい魚は金魚。意外と大きく成長してしまう他、水を汚しやすい魚でもあるため、なるべくなら避けた方がいいでしょう。

水槽には数多くの種類がありますが、初心者のうちは扱いやすい30cmキューブ水槽をおすすめします。そうして徐々にアクアリウムに慣れてきたら、改めて自分の好みに合った水槽を探してみてはいかがでしょうか。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これを読めば分かる。アクアリウム初心者の水槽立ち上げ

これを読めば分かる。アクアリウム初心者の水槽立ち上げ

今ではベテランのアクアリストも最初はみんなアクアリウム初心者ですよね。アクアリウム初心者が水槽を立ち上げるときは右も左もわからず苦労するものです。 今回はアクアリウム初心者さんへ水槽の立ち上げについてお話します。
  1,854 view
初心者におすすめ!育てやすく丈夫な水草とは?

初心者におすすめ!育てやすく丈夫な水草とは?

アクアリウムを始めるうえで欠かせない水草。熱帯魚を飼育するのに不可欠な存在であると同時に、水槽を彩る装飾品にもなる水草には、実に様々な種類があります。今回は、アクアリウム初心者におすすめの水草を紹介していきます。
  112 view
【初心者必見】アクアリウムを始めるその前に・・・これだけは知ってほしいこと

【初心者必見】アクアリウムを始めるその前に・・・これだけは知ってほしいこと

アクアリウムは部屋の中に、自分の理想の自然を作ることができる・・・。憧れますね!今からアクアリウムを始めようか、考えている方もいらっしゃると思いますが、始めるからには大切な命を扱うので、長く続けられるようにしたいですね。そこで、アクアリウムを始める前にこれだけは知っておいたほうがいい、というポイントをご紹介します。
  819 view
超初心者向け!まずは水槽セットから始めよう

超初心者向け!まずは水槽セットから始めよう

「熱帯魚を飼ってみたいけど何を揃えたらいいのか分からない・・・」という人へ、今回はおすすめの水槽セットとその選び方をご紹介します。
  1,827 view
アクアリウムの初心者が陥りがちなミス3選

アクアリウムの初心者が陥りがちなミス3選

右も左もわからないアクアリウム初心者。そんな初心だからこそ、ついやってしまいがちな飼育方法の間違いをご紹介します。熱帯魚を長生きさせるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。
  4,418 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事