2019年2月3日 更新

コケでお悩みの方必見!コケを好む魚達

しぶといコケや残り餌にお困りではないでしょうか?コケが付くと見た目が綺麗ではありませんし、残り餌があると水の濁り、臭いに繋がってしまいます。餌の与え過ぎで栄養分が過剰に溶け込んだ水になってしまうと、コケが大発生してしまう場合も...そんな時にはコケを好んで食べてくれる魚やエビを入れてみませんか? 今回は代表的なコケ取りのお掃除屋さんをご紹介していきます!

292 view

1.オトシンクルス

小型の熱帯魚であり、主にガラス面や水草の葉の表面のコケを食べてくれます!性格はとっても大人しいので、気性の荒い魚と入れなければ幅広く混泳が可能です!目安としては45cm水槽に5~10匹入れてください!

2.アルジイーター

こちらもオトシンクルス同様のガラス面担当のお掃除屋さん!ただし、大きくなると気性が荒くなる傾向がありますので小型の熱帯魚とは混泳に注意が必要です。

3.ペンシルフッシュ各種

画像はアークレッドペンシル

画像はアークレッドペンシル

糸ゴケを専門に食べてくれる魚です。流木や水草からピロ~っと細長いコケが生えてきたら、この細長い魚の出番です!性格も大人しいので混泳向きです!

4.サイアミーズフライングフォックス

ひげ苔や糸ゴケなどを好んで食べてくれます!モワッとした黒いコケが生えてきたらこの魚をオススメします!こちらも性格が大人しいので混泳向きです。

5.ヤマトヌマエビ&ミナミヌマエビ

ヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ

水草水槽には欠かせないエビです!水草に付き始めた若いコケや残り餌まで食べてくれます!どちらの種類も同じ役目ですが、ヤマトヌマエビは大きめのエビで、こちらのほうがお掃除やさんの能力は高いです。ミナミヌマエビは短命ではありますが、水槽内で繁殖を楽しむことが出来ます!イメージしている水槽にあった種類を選ぶことをお勧めします(2種類入れても大丈夫です)。
以上、代表的なコケ取りのお掃除屋さんでした!
上記の種類の組み合わせをしていただければ、より幅広くコケに対処できます!ただし、お掃除やさんたちを入れたからといってコケが100%無くなるという事ではありません。あくまでも、人による掃除の頻度を軽減するためのお掃除屋さんです。コケを食べている姿もとっても可愛らしいので大事に育ててあげてください。

YS wrote it
17 件

オススメの記事今注目の記事