2018年2月2日 更新

■水草専用ハサミの使い分け!

美しく生長した水草も、そのままにしておくとどんどん伸びてトリミングが必要になってきますよね。そんなときに役に立つのが水草専用ハサミです。水草専用ハサミは普通のハサミと何が違うのでしょう? 今回は、専用ハサミの特徴と種類についてご紹介したいと思います。

528 view
水草専用ハサミ各種

水草専用ハサミ各種

専用のハサミと一般的なハサミの違いは?

まず普通のハサミとの違いはなんと言っても先端の細さです!何十本とある生い茂った水草のココだというところをピンポイントでカットすることが出来ます。さらに切れ味も非常に良く、水草の繊維を潰すことなくきれいにカットすることにより新しい芽を出しやすくしてくれます。次に専用ハサミは普通のハサミよりも持ち手の部分が小さくなっており、指にフィットするので繊細な作業がし易い作りになっています。また水草用ハサミには、水深にあわせた様々な長さのものが販売されており、水槽の深さに合わせて選べるというメリットもあります。手が水に浸かってしまうと波を立たせてしまい、魚にストレスがかかってしまうことがありますが、このようなことも防いでくれます。よって、水槽の深さに合わせたハサミを使うことが理想です。

では次に水草専用ハサミを種類別に見ていきましょう。

水草専用ハサミその① ストレートタイプのハサミ

パールグラスなどの有茎草にはストレートタイプのハサミを使います。差し戻しやピンチカット、太い茎の水草のカットにも使えます。

水草専用ハサミその② カーブタイプのハサミ

グロッソスティグマなどの前景草にはカーブタイプのハサミを使います。根元からザクザクとカットすることが出来ます。前景草で絨毯のように育てている方は持っていて損は無いといえます。ロゼット型の水草のような入り組んだ葉のカットにも便利です。

刃先が曲がっていることで前景草などをストレスなくトリミングできます。

ストレートタイプだと根本のカット作業がやりずらくなります。
いかがでしたか?水草水槽をやっている方にはぜひ1本は所持してもらいたい専用ハサミのお話でした。
13 件

オススメの記事今注目の記事