2017年1月6日 更新

水槽内にコケが発生することを防ぐ方法

アクアリウムをやっていると、水槽内のコケ対策は避けて通れない問題です。ヤマトヌマエビの様にコケを食べてくれる生き物を飼育するというのも1つの方法ですが、水中にある不必要な養分を抑えることでも対策できるので、ご紹介致します。

317 view

その1、不要な養分の発生を抑える

ガラス面に発生した茶コケ

ガラス面に発生した茶コケ

水草は根をはって養分を吸収しますが、水槽内に発生するコケは水中の養分を直接吸収して生長します。つまり、水中の養分を減らしてしまえば、コケは発生しにくくなるはずです。そこで、水中の養分を減らす方法ですが、マツモという水草を投入するという方法が簡単なのでオススメです。マツモは根を張ることなく、水中の養分を吸収してくれるので、コケ類の成長を阻止してくれます。
ただし、水草は養分を吸収して生長していくのでトリミングが必要です。その際に、水草の断面から染み出した養分で、糸状コケが発生してしまうことがあります。そのため、トリミングの際は茎の途中でカットするのではなく、節状の部分から折ることで養分が溶け出すのを抑制できるそうです。
マツモは底砂に植えても浮かばせてもOK

マツモは底砂に植えても浮かばせてもOK

コケ取り屋さんのヤマトヌマエビ

コケ取り屋さんのヤマトヌマエビ

コケが発生してしまった場合は、コケ取り屋さんが効果的です
石巻貝などの貝類もコケを食べてくれます

石巻貝などの貝類もコケを食べてくれます

その2、エサの量を調整する

特別に肥料を入れたわけでもないのに、水中の養分が増える理由を知っていますか?
どうやら水中の養分が少ない水槽と、多い水槽の決定的な違いは、エサの与え方にあるようです。
エサが水中に浸かっている時間が長いと、その分水中に養分が染み出してしまいます。一度にたくさんのエサを食べられない熱帯魚を飼育している場合には、少ない量のエサを複数回に分けて与えるようにしましょう。水中の養分が増えすぎると、コケだけでなく水槽内に腐敗菌も発生してしまい、熱帯魚が病気にかかりやすくなります。
また、水草の成長を促進する液体肥料もコケを発生させる原因になるので、入れ過ぎには注意しましょう。コケが大量に発生すると、折角育てた水草が枯れてしまいます。
コケが発生することを防ぐには、水中の栄養分の管理が大切だということを覚えておいてください。
水草に付着したヒゲ状のコケ

水草に付着したヒゲ状のコケ

まとめ

コケが発生する原因はいくつかあり、発生しないための対策も色々あります。現在の環境や飼育方法を見直し、適切な対処をすることでコケの発生を防ぎ、理想の環境を作り出すことができます。一度見直してみることをお勧めします。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

悪臭発生その前に!水槽のメンテナンス方法

悪臭発生その前に!水槽のメンテナンス方法

どこからともなく漂ってくる匂いが水槽から発生していた・・・!と分かったら、何かしらの対策をする必要がありますよね。今回は、水槽から悪臭が発生してしまった場合の対策方法と、悪臭を発生させないための管理法を詳しくお教えします。
  650 view
超初心者向け!まずは水槽セットから始めよう

超初心者向け!まずは水槽セットから始めよう

「熱帯魚を飼ってみたいけど何を揃えたらいいのか分からない・・・」という人へ、今回はおすすめの水槽セットとその選び方をご紹介します。
  1,356 view
アクアリウムの初心者が陥りがちなミス3選

アクアリウムの初心者が陥りがちなミス3選

右も左もわからないアクアリウム初心者。そんな初心だからこそ、ついやってしまいがちな飼育方法の間違いをご紹介します。熱帯魚を長生きさせるためにも、ぜひ参考にしてくださいね。
  3,225 view
水槽内の掃除をしてくれる熱帯魚を知っていますか?

水槽内の掃除をしてくれる熱帯魚を知っていますか?

熱帯魚を飼育している水槽内の水はろ過装置や水草である程度浄化されますが、汚れがひどくなってくるとどうしてもコケなどが生え水質が悪化してしまい掃除する必要があります。最初のうちはこまめに掃除していてもだんだんと億劫になってきますよね。実は熱帯魚の中に水槽内の掃除をしてくれる種類がいるのをご存知ですか?今回は水槽内の掃除をしてくれる熱帯魚を3種類ご紹介します。
  1,361 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事