2019年1月1日 更新

置くだけで水槽が華やかに!水草付き流木をご紹介!

水草レイアウトは通常、底砂に5cm以上のソイルや砂利を敷くと植えやすくなり、ピンセットで植え込んでいけば見ごたえのある水槽が出来上がります。しかし植えるのがめんどくさい!メンテナンスがしにくい!という理由から砂利を薄く敷く方も多いかと思います。そんな時に活躍するのが水草付き流木です。早速みていきましょう。

204 view

置くだけといっても色んなタイプがあります。

アヌビアス(左)とミクロソリウム(右)の流木付

アヌビアス(左)とミクロソリウム(右)の流木付

上の画像のアヌビアスとミクロソリウムは、共に陰性の水草で、ゆっくり生長します。そのためトリミングの手間がかかりません。また大変丈夫で葉も硬いため金魚の食害も受けずらいので金魚水槽にもオススメ。硬いものに活着する性質があるため、流木などについてるものを購入すれば、底砂がなくても大丈夫です。
有茎草水草付き流木

有茎草水草付き流木

上のアイテムは流木に穴が開いていて、そこに有茎草を挿して固定されているため、底砂の上に置くだけで使えるアイテムです。底砂を厚く敷いていない方にオススメです。付いてる水草は比較的丈夫な有茎草が多く、有茎草は上に伸びるため後景草に使える水草です。また溶岩石に水草を挿しているものもあり、お好みでお洒落にレイアウトしてみてください!
溶岩石付き水草

溶岩石付き水草

一週間ほどで根っこが生えてきます。
有茎草水草は基本的に上に伸びてきます。水草専用のはさみは水草の繊維を潰すことなくカット出来、ピンセットはサイズや太さが違うものも揃っていて使いやすいです。
コケ付き流木

コケ付き流木

コケ(ウィローモス・南米ウィローモス)が流木に活着しているアイテムです。フワフワ育ってくれるため、エビの隠れ家に最適です。
いかがだったでしょうか?他にもピンセットで植えるのが得意でない方でも使えるアイテムが沢山あります。まだ使ったことがない方は、試してはみてはいかがでしょうか!

NK wrote it  
11 件

オススメの記事今注目の記事