2018年9月22日 更新

そのエサなにから出来ていますか?

魚を飼育する際にほとんどの方が使用しているフレーク状や顆粒状の形をした乾燥エサ。毎日のエサやりを手軽に行えるのでとても便利ですよね!しかし、そのエサが何から作られているか、把握している方は少ないのではないでしょうか。原料から分かるエサの効能や違いにも注目してみましょう!

520 view
同じ魚向けに作られたエサでも原料にどれほど違いがあるのか?動物食・雑食性の小型海水魚用に出ているエサをいくつか見てみましょう!

左からメガバイトレッドSサイズ、テトラマリンミニグラニュール、オメガワン マイクロペレットマリーン
キョーリン メガバイトレッド Sサイズ
主な使用原料:フィッシュミール、オキアミミール、イカミール、海苔、シルクワーム、魚油、ビール酵母、デンプン類、スピルリナ、海藻粉末、コペポーダ、カロチノイド、アサリエキス、生菌剤、ガーリック、ビタミン剤、ミネラル剤
動物性蛋白質が非常に多く含まれているので小さい魚、痩せている魚を育成するのに向いていると思われます。また、色揚げ成分や整腸・消化吸収をサポートする原料もバランス良く含まれています。
テトラマリン ミニグラニュール
主な使用原料:フィッシュミール、穀類、植物性蛋白質、野菜、デンプン、酵母、魚油、シュリンプミール、海藻、ビタミン類、ミネラル類穀類や野菜等植物性の原料が多いようです。雑食性の魚はうまく消化吸収しやすいエサでしょう。
オメガワン マイクロペレットマリーン
主な使用原料:サケ、オヒョウ、黒タラ、ニシン、オキアミ、カサゴ、エビ、イカ、タコ、生ケルプ、ニンニク、各種ビタミン、天然色素。フィッシュミールではなく生の海産物を使用し、エサの形成に小麦やデンプンが使われていないため動物食性の魚でも消化吸収が良く、水を汚しにくくできています。
いかがでしょうか?いま使っているエサの原料は何が多いのか、どのような効能が大きいのか、気になってきませんか?自分が飼っている魚の種類やコンディションに合った原料が配合されたエサを選んでより良い飼育環境を目指してみてはいかがでしょうか!

KN wrote it
26 件

オススメの記事今注目の記事