2018年8月25日 更新

プロテインスキマー(エターナルナノスキマーQQ1)のメンテナンス

海水魚・サンゴ飼育で、プロテインスキマーを使用されている方のために!プロテインスキマーの泡立ちが悪いと感じたときのチェックすべき箇所を見ていきたいと思います。今回はゼンスイさんの”エターナルナノスキマーQQ1”を例にご案内いたします。

437 view

ベンチュリー方式のスキマーで泡立ちが悪くなると能力が落ちてしまうのですが、その原因には、インペラーに異物が詰まる、または空気を吸い込むチューブと本体の接合部分に塩のかたまりが溜まり空気が上手く吸えないという状態があります。特にチューブ詰まりは徐々に吸わなくなってくるので、なかなか気が付かない方が多いようです。
画像中央がチューブと本体との接合部

画像中央がチューブと本体との接合部

チューブを外すと塩のかたまりが詰まっていました

チューブを外すと塩のかたまりが詰まっていました

チューブとジョイントするパイプの内側に塩のかたまりがびっしり付いてますね。ブラシなどでしっかりと落とします。
それと合わせてインペラーも掃除しておきましょう。インペラーはポンプ内にありますが、比較的簡単に分解できるので
掃除もしやすいです。
特にチューブ内の塩のかたまりは見落としがちな箇所ですので泡立ちが悪いときには要チェックです。また、インペラー部分も定期的にチェックするようにしてください。

TH wrote it

7 件

オススメの記事今注目の記事