2017年11月20日 更新

ビリビリ!感電注意!?「デンキナマズ」の飼育方法は?

何か普通の熱帯魚とは違う変わった魚が飼ってみたい、と考えるアクアリウム愛好家におすすめしたいのが「デンキナマズ」です。その名前の通り、電力を帯びた魚であるデンキナマズが、他の熱帯魚に比べて新鮮なのは間違いありません。ただし、一般の熱帯魚に比べると、デンキナマズの飼育にはあらかじめ準備が必要であるということも、覚えておきましょう。

210 view

デンキナマズはこんな魚

デンキナマズの幼魚

デンキナマズの幼魚

デンキナマズは主にアフリカに生息し、分類学草創期の1789年に発見された非常に歴史の古い魚です。また、デンキウナギやシビレエイと並ぶ「強電魚」として知られ、電圧は400~450ボルトとされています。

また、デンキナマズは背びれを持たない魚として有名です。一見すると背びれに見える部分は、実は脂びれ。太く長い体に加えて背びれがない特徴が、一般的な熱帯魚とは大きく異なる見た目を形成しているのです。

デンキナマズを生半可な気持ちで飼ってはいけない理由

お世辞にも美しいとはいい難い見た目が逆にかわいいと評判を呼び、デンキナマズの人気はにわかに高まりを見せています。しかし、これはデンキナマズのみならず生き物全体にいえることですが、流行っているからといって安易な気持ちで飼うのだけは避けましょう。

ペットショップなどで販売されているデンキナマズは、大抵の場合幼魚の状態であることが多いです。幼魚のデンキナマズは小さく愛らしいため飼育も簡単だと考える人がいますが、成長していくうちにデンキナマズはどんどん大きくなっていきます。そのためしっかりとした設備が必要になり、場合によっては水槽を買い替える必要が出てくるのです。

また、デンキナマズは基本的に他の熱帯魚との混泳ができません。加えて動きがほとんどないため、大きな水槽にデンキナマズが一匹じっとしている、という光景が一般的になります。もしもアクアリウムに華やかさや躍動感を求めているのであれば、デンキナマズは避けておいたほうがいいでしょう。

デンキナマズの飼育方法

注意点はいくつかありますが、大きな水槽(最低でも90cm)さえ用意していればデンキナマズの飼育は容易です。水温は24~28℃を保ち、エサは人工飼料や冷凍アカムシを与えてください。唯一注意しておくべきことは電圧です。デンキナマズの持つ電圧は人であってもバチっとくるため、水を替える際にはゴム手袋の装着を忘れないようにしてください。

デンキナマズを飼う際は大きな水槽を忘れずに

デンキナマズを飼う際、何よりもまず準備しておくべきなのが大きな水槽です。買ったときは小さくても、いずれ大きくなることを認識して、あらかじめしっかり準備をしておきましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

目指せワールドカップ!?「サッカープレコ」の飼育方法は?

目指せワールドカップ!?「サッカープレコ」の飼育方法は?

南アメリカの熱帯地域に生息するナマズの仲間「プレコ」。しかし一言にプレコといってもその種類は様々で、それぞれ見た目はもちろん大きさや特徴、また寿命まで違ってきます。今回はそんなプレコの中から「サッカープレコ」についてご紹介していきます。
  187 view
上から見ると…?「ハチノジフグ」の飼育方法は?混泳は可能?

上から見ると…?「ハチノジフグ」の飼育方法は?混泳は可能?

ぷっくりとしたボディが何とも愛らしいフグの中でも、ひと際特徴的な模様を持っているハチノジフグ。1匹飼えば水槽全体が華やかになりそうですが、気が強いため混泳させる際は注意が必要です。
  370 view
最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

砂から頭をニョキっと出している姿が特徴的な「チンアナゴ」。水族館でも非常に人気があり、ぬいぐるみなど様々なグッズも販売されていますね。そんなチンアナゴはあまり個人で飼育をするイメージがないかもしれませんが、実は販売もされていてご家庭でも飼育することができるんです!そこで今回はチンアナゴの飼育方法などをまとめてみました。
  535 view
熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

人懐っこくて可愛いと評判のミドリフグ。見た目の小ささに加え、クリっとした目で多くのアクア二スタを癒しているようです。最近では、熱帯魚ショップの他、ゲームセンターのUFOキャッチャー景品にも登場。今回は人気高いミドリフグの生態から飼い方までをご紹介します。
  607 view
半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

見た目の美しさから、高い人気を集める熱帯魚「ベタ」。ベタには数多くの種類がありますが、そのなかで一際美しいとされる種類をご存知でしょうか。それが今回ご紹介する熱帯魚「ハーフムーン」です。日本ではベタのなかでもっとも高い人気を誇るとされるこのハーフムーン。いったいどのようなところが魅力なのでしょうか。
  354 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事