2017年3月10日 更新

ソイルだけじゃない!水槽に敷く底床の種類と効果

アクアリウムにおいて非常に大きな役割を果たしてくれる底床ですが、その効果は種類によって様々です。今回は、底床の種類や効果についてご紹介していきたいと思います。

256 view

砂礫系底床

砂礫系底床は文字どおり砂ですが、粒の大きさや採れる場所によって「礫(れき)」「砂利」「大磯砂」などに分類されます。

メリット

・洗うことが可能なものが多く、長い期間使うことができる
・自然な雰囲気を演出できる

デメリット

・肥料が含まれていないため、一部のものを除いて水草の育成には不向きである
・礫などの角ばったものは熱帯魚を傷つけてしまう恐れがある
・貝殻を含むものは水がアルカリ性に傾いてしまう

ソイル系底床

ソイルは、アクアリウム用に作られた養分を含んだ土です。粒の大きさによって「ノーマルタイプ」と「パウダータイプ」に分けられたり、効果によって「栄養系」と「吸着系」に分けられたりします。

メリット

・栄養を含んでいるため水草の育成に最適である
・有害物質を吸着することや、水質を弱酸性にする効果がある
・バクテリアの住みかになりやすい

デメリット

・性能が劣化してくるため長期間の使用ができない

セラミック系底床

セラミック系底床は、その名のとおりセラミックスでできた底床です。セラミックスの表面にはとても細かい穴がたくさん空いており、バクテリアを定着させやすいのが特徴です。セラミックスの持つ特徴から、砂礫系とソイル系の中間と言われることもあります。

セラミック系底床はさらに、水質を弱酸性に傾ける特徴がある「ハイロサイト系」のものと、弱アルカリ性に傾ける特徴がある「ケイ酸カルシウム系」に分けられます。

メリット

・バクテリアが定着しやすい
・使用するものによって水質をコントロールできる
・ソイルより長持ちする

デメリット

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

上級者向け!ワンランク上のアクアリウムの作り方

上級者向け!ワンランク上のアクアリウムの作り方

アクアリウムは自分の好きなようにレイアウトできるところが魅力です。今回は、上級者におすすめのグッズを活用したワンランク上のアクアリウムの作り方をご紹介したいと思います。
  2,806 view
グッズごとの購入費用とランニングコスト

グッズごとの購入費用とランニングコスト

いざ熱帯魚を飼育しようと考えた時、どのようなグッズが必要となり、どの程度の購入費用になるのか、またランニングコストはどのくらいかかるのか気になりますよね。そこで今回は、アクアリウムに必要なグッズの購入費用や、ランニングコストについてまとめました。
  743 view
水草育成に肥料は必須?アマゾンソードを育てるポイント

水草育成に肥料は必須?アマゾンソードを育てるポイント

アクアリウムを楽しむうえで、水草は観賞用としても熱帯魚の飼育用としても欠かせないアイテムです。そんな水草の中でも、最もポピュラーな存在として知られるのが「アマゾンソード」です。今回は、肥料が必要かどうかなども含め、アマゾンソードを育てるうえで知っておきたいポイントを解説していきます。
  94 view
初心者におすすめ!育てやすく丈夫な水草とは?

初心者におすすめ!育てやすく丈夫な水草とは?

アクアリウムを始めるうえで欠かせない水草。熱帯魚を飼育するのに不可欠な存在であると同時に、水槽を彩る装飾品にもなる水草には、実に様々な種類があります。今回は、アクアリウム初心者におすすめの水草を紹介していきます。
  112 view
初心者注目!アクアリウムの便利なお掃除アイテムをご紹介

初心者注目!アクアリウムの便利なお掃除アイテムをご紹介

水に揺らぐ水草や、悠々と泳ぐ熱帯魚に癒やされたいという方におすすめの「アクアリウム」。最近初めたばかりという方も多いかと思いますが、意外と手間がかかるのが水槽の掃除です。アクアリウムにとって掃除は非常に重要なポイントですが、どんな道具を使用して掃除すればいいのか最初は分からないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんなときに使える便利なアイテムをご紹介していきます。
  318 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事