2018年4月8日 更新

使っていますか?水草の栄養剤

水槽に水草をいれてレイアウトしてみたものの、日が経つにつれて元気がなくなってきた、いつのまにか枯れてしまった等の経験は皆さん1度はあるかと思います。水草を底砂にしっかり植え込み、ライトできちんと光も与えているのに水草が生長してくれない場合、原因は水草の栄養不足によるものかもしれません。そこで今回は、水草に与える栄養剤について紹介していきたいと思います。

1,221 view

水草の栄養剤の種類は大きく分けて2つ

水草の栄養剤には固形タイプと液体タイプがあります。
固形タイプは底砂に埋めて使用します。固形なのでじわじわと養分が溶け出していくため長期間効果が持続します。水草の根に十分な栄養を与えるのに適しています。固形肥料は埋め込んだ箇所の周りだけに作用しますので、水草のそばに埋め込むようにしましょう。
液体タイプは水中にすぐに広がる為、水槽全体に作用します。水中に直接添加を行う為速効性があり、特に葉の色が白くなってしまった水草に効果があります。しかし多く添加しすぎるとコケが発生する原因となってしまうので、まずは規定量よりも少なめを数日に1回添加して様子を見るのが良いでしょう。
固形タイプの栄養剤

固形タイプの栄養剤

各種液体タイプの栄養剤

各種液体タイプの栄養剤

水草の生長に必要な栄養素とは

水草の生長に主に必要な栄養素としては窒素、リン、カリウムが挙げられ、その他には、鉄、カルシウム、マグネシウムなどの微量元素が挙げられます。

上記に挙げた栄養素が不足すると水草がどのようになるか説明していきたいと思います。

・窒素
窒素は水中内に一番多く存在する栄養素です。窒素が不足すると水草の葉が小さくなる、生長点の萎縮などが起こります。水槽内では魚の老廃物などに多く含まれているため魚のいる水槽内では添加の必要性は低いです。
・リン
リンが不足すると水草が生長不良を起こし新芽が出にくくなります。リンは魚の餌に含まれているため不足する事が少なく添加の必要性は低いです。
・カリウム
カリウムは光合成の促進、栄養補給の促進、根の形成を行います。不足すると、葉や根本の白化、成長阻害などが起こります。カリウムは水道水に微量補給される程度で、水槽内で不足しがちな栄養素なので定期的な添加を行うと良いでしょう。
・微量元素
微量元素は必要とされる量が少なく、水換えなどで水道水から補給されるので添加の必要性はそこまで高くはありません。しかし、赤系の水草を育成する際は鉄の添加を行うと発色が良くなるので定期的な添加をオススメします。
微量元素に特化した水草栄養剤

微量元素に特化した水草栄養剤

今回は水草の肥料についてのお話でした。水草の肥料を上手に使って元気な水草を育ててみてください!!

MH wrote it
11 件

オススメの記事今注目の記事