2018年10月24日 更新

これでスネールともおさらば!「スネールバスター」のご紹介

メダカや熱帯魚用に買っていった水草にスネールが付いていた経験はありませんか?一度水槽内に進入すると爆発的に増えて、とってもとってもきりが無いことが多いです。そんなときに役立つ薬、「スネールバスター」のご紹介です。

416 view
大発生してしまうと厄介なスネール

大発生してしまうと厄介なスネール

スネールバスターって?

白い粉状の薬品で、軟体動物を麻痺させることができます。これによってスネールが行動障害を起こし、数日で衰弱死します。また軟体動物以外の生体に影響がないため、魚や水草、エビ等の入った水槽でも使用できます。

使用方法

使用方法はとても簡単で、付属の計量スプーンで水槽に薬品を規定量投与するだけです。投与頻度は1日~2日で、早いと2回目の投与で効果が現れます。また投与によって水槽が白濁することがありますので、その場合は速やかに換水する必要があります。衰弱死したスネールは溶け出して水を大変汚しますので、使用後の換水も行うと良いです。
スネールの駆除方法に悩まされている方はぜひスネールバスターをお試しください!

TK wrote it
7 件

オススメの記事今注目の記事