2016年9月29日 更新

ペット不可でも大丈夫!熱帯魚を飼うメリット

アパートやマンションなどのペット不可な住宅で「ペットを飼いたくても飼えない・・・」という環境を強いられている人は多いのではないでしょうか。今回は、そんな皆さんへ熱帯魚を飼うメリットをお教えします。

2,724 view

癒しを与えてくれる熱帯魚

ペットといえば犬や猫などを飼いたいと思う人も多いかもしれませんが、どうしても難しい場合には熱帯魚を飼ってみてはいかがでしょうか? 熱帯魚は、鮮やかな色や形など種類によって異なる特徴を持っていて、現在では2,000種類以上もの種類が流通しています。そんな熱帯魚たちが水槽内を自由気ままに泳ぐ姿は、見ている人に癒やしの時間を与えてくれます。

ペットを飼うなら「直接触れたり、懐いたりしてくれるものがいい!」と思う人もいるかもしれませんが、熱帯魚は触れることはできなくてもしっかり飼い主に懐いてくれるという隠れたメリットがあるんです。というのは、毎日決まった時間に1~2回の餌やりを行っていると、餌の時間を把握した熱帯魚たちが、飼い主の姿に気づいて手がある方に寄ってきたり、餌欲しさに水面をくるくると泳いだりします。そういった可愛い仕草や行動は熱帯魚を飼った経験がある人でしか知ることができないので、「なんでもいいからペットを飼いたい!」と思っている人にもおすすめです。

また、今触れたように餌の管理は1日1回~2回と、飼育面で手間やコストがかからないのも熱帯魚の魅力といえます。飼育する熱帯魚の種類にもよりますが、必要な道具がセットになった水槽セットと生体をすべて揃えるのには5,000円~10,000円ほどの費用があれば十分で、小さな子どもでも餌をあげることが可能です。そのため、たとえペット不可の住宅でも熱帯魚を通して生き物を飼うことの大切さをお子さんに教えてあげることもできます。

そのほか、水槽は立派なインテリアとして部屋に馴染ませることができ、水がちゃぷちゃぷと流れる音は精神面をリラックスさせる効果も期待できます。ペット不可な住宅に住んでいる人は、ぜひこの機会に熱帯魚を飼って癒やしの空間をつくってみてくださいね!
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

熱帯魚をショップから家に輸送する時の注意点とは?

熱帯魚をショップから家に輸送する時の注意点とは?

熱帯魚の飼育は家の水槽に移す前から始まっています。ショップで熱帯魚を購入すると、水槽の水と酸素が入ったビニール袋に熱帯魚を入れてくれますが、扱い方を間違えるとストレスや衝撃によって熱帯魚が弱ってしまいます。魚の元気を保ったまま自宅の水槽に迎え入れるには、輸送の際に何に注意すればいいのでしょうか?
  3,431 view
アクアリウム立ち上げの第一歩!パイロットフィッシュとは

アクアリウム立ち上げの第一歩!パイロットフィッシュとは

アクアリウムを立ち上げるため、やるべきことは多々ありますが、そのうちの一つがパイロットフィッシュの投入です。このパイロットフィッシュ、アクアリウム初心者の方にとっては聞き慣れない単語かもしれませんが、実はとても重要なものなのです。今回は、パイロットフィッシュとは何か、についてご紹介をしていきます。
  3,531 view
病気?寿命?熱帯魚の体色が薄くなったら試すべきこと

病気?寿命?熱帯魚の体色が薄くなったら試すべきこと

ふと水槽を見たとき、「熱帯魚の色が薄くなっている」なんてことはありませんか? ひょっとしたら、それは何らかの異変が起きているサインかもしれません。今回は、熱帯魚の体色が薄くなった際に試しておきたいことについてご説明していきます。
  7,515 view
白点病とは?原因や治療法について

白点病とは?原因や治療法について

熱帯魚に白いポツポツができて驚いたことはありませんか? 治るのか、治らないのか、もっとひどくなるのか・・・飼い主としては不安になりますよね。今回は「白点病」と呼ばれる白いポツポツの原因や治療法についてご説明します。
  1,998 view
ランニングコストを抑えられる熱帯魚の飼い方

ランニングコストを抑えられる熱帯魚の飼い方

熱帯魚を飼ううえで気になるのがランニングコストですよね。初期費用だけでも大きな出費が必要となりますし、熱帯魚を飼育するのはお金がかかります。そこで、少しでもランニングコストを抑えるにはどのような飼い方をすればいいのかをご紹介しましょう。熱帯魚のランニングコストは、主に水槽のヒーターや照明の電気代になるので、これを節約することになります。
  5,386 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事