2017年10月7日 更新

最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

砂から頭をニョキっと出している姿が特徴的な「チンアナゴ」。水族館でも非常に人気があり、ぬいぐるみなど様々なグッズも販売されていますね。そんなチンアナゴはあまり個人で飼育をするイメージがないかもしれませんが、実は販売もされていてご家庭でも飼育することができるんです!そこで今回はチンアナゴの飼育方法などをまとめてみました。

535 view

チンアナゴはどんな魚?家庭でも飼育は可能?

チンアナゴ(学名Heteroconger hassi )はウナギ目アナゴ科に属する海水の魚です。インド洋や西大西洋などに分布していて、日本では高知県から琉球列島にかけて分布しています。

主に海底の砂底に生息していて全長は30~40cm程ですが、下部は常時砂の中に入っており身体の上部だけを出して餌を捕食しています。近くを別の魚が通ると砂の中に隠れて姿を見せなくなるなど、非常に臆病で警戒心の強い魚です。

良く水族館で見かけることが多いチンアナゴですが、家庭でも飼育が可能でネットやアクアリウムショップなどでも購入することができます。しかし元々砂の中での生活が中心のチンアナゴは輸送のストレスで弱ってしまうとも言われているため、できる限りショップで購入をするのがオススメです。

チンアナゴの飼育方法は?

・チンアナゴに適した水槽
90cm~120cm程の水槽であればゆったりと飼育することができますが、60cm水槽でも4~5匹程のチンアナゴを飼育することができるので状況に応じて大きさを選びましょう。

また、チンアナゴは海水魚なので海水水槽を用意する必要がある点に注意が必要です。

・適正水温
適正温度は23℃~25℃を目安にし、必要に応じてヒーターやクーラー、室温の管理で調節をすると良いでしょう。

・チンアナゴの餌
チンアナゴは自然界ではプランクトンを食べています。しかし飼育の際ではそれは難しいため、主に冷凍ブラインシュリンプなどを与える場合が多いようです。しかしチンアナゴは餌の選り好みが激しく、個体によっては与えた餌を食べない場合があり最悪の場合餓死してしまいます。そのため、飼育を始めたらなるべく早い段階で色々な餌を試してみる必要があるかもしれません。

またチンアナゴは餌を食べるのもあまり上手ではないので、食べ残しが水槽内に残ってしまうことが多いです。そのため「水質汚染」にも繋がりやすいため注意しましょう。

・底砂について
砂の中に潜る特徴を持つチンアナゴにとって底砂は非常に重要です。底砂が粗すぎてしまうと、チンアナゴの身体を傷つけてしまう恐れがあります。そのためさらさらとした底砂を、チンアナゴが潜れるように最低でも厚さ15cm~20cmくらいは敷くようにしましょう。

チンアナゴは混泳可能?

チンアナゴは非常に臆病で警戒心が強いため、他の魚がいると砂に潜ってしまい出てこないことがありそのまま餓死してしまうこともあります。そのため他の魚との混泳は難しいでしょう。しかしチンアナゴ一匹では見た目が寂しいという場合は、チンアナゴは複数飼育が可能なので水槽の大きさに合わせて複数飼育を行うと良いかもしれません。

水族館でも人気のチンアナゴを自宅でも!

水族館で人気のチンアナゴは自宅でも飼うことができます!少し飼育は難しいかもしれませんが、もしチンアナゴが好きという方や気になっている方は飼育を検討してみてはいかがでしょうか。チンアナゴの砂から顔を出してゆらゆらとしている姿に癒されること間違いなしです!
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビリビリ!感電注意!?「デンキナマズ」の飼育方法は?

ビリビリ!感電注意!?「デンキナマズ」の飼育方法は?

何か普通の熱帯魚とは違う変わった魚が飼ってみたい、と考えるアクアリウム愛好家におすすめしたいのが「デンキナマズ」です。その名前の通り、電力を帯びた魚であるデンキナマズが、他の熱帯魚に比べて新鮮なのは間違いありません。ただし、一般の熱帯魚に比べると、デンキナマズの飼育にはあらかじめ準備が必要であるということも、覚えておきましょう。
  211 view
目指せワールドカップ!?「サッカープレコ」の飼育方法は?

目指せワールドカップ!?「サッカープレコ」の飼育方法は?

南アメリカの熱帯地域に生息するナマズの仲間「プレコ」。しかし一言にプレコといってもその種類は様々で、それぞれ見た目はもちろん大きさや特徴、また寿命まで違ってきます。今回はそんなプレコの中から「サッカープレコ」についてご紹介していきます。
  187 view
上から見ると…?「ハチノジフグ」の飼育方法は?混泳は可能?

上から見ると…?「ハチノジフグ」の飼育方法は?混泳は可能?

ぷっくりとしたボディが何とも愛らしいフグの中でも、ひと際特徴的な模様を持っているハチノジフグ。1匹飼えば水槽全体が華やかになりそうですが、気が強いため混泳させる際は注意が必要です。
  370 view
熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

人懐っこくて可愛いと評判のミドリフグ。見た目の小ささに加え、クリっとした目で多くのアクア二スタを癒しているようです。最近では、熱帯魚ショップの他、ゲームセンターのUFOキャッチャー景品にも登場。今回は人気高いミドリフグの生態から飼い方までをご紹介します。
  607 view
半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

見た目の美しさから、高い人気を集める熱帯魚「ベタ」。ベタには数多くの種類がありますが、そのなかで一際美しいとされる種類をご存知でしょうか。それが今回ご紹介する熱帯魚「ハーフムーン」です。日本ではベタのなかでもっとも高い人気を誇るとされるこのハーフムーン。いったいどのようなところが魅力なのでしょうか。
  354 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事