2018年2月3日 更新

■金魚の王様!!「ランチュウ」 その理由と飼育方法!!

714 view
ランチュウは背ビレがないのが大きな特徴です

ランチュウは背ビレがないのが大きな特徴です

なぜランチュウが金魚の王様なのか!?

金魚というと、お祭りの金魚すくいや、学校の水槽を想像する方が多いと思います。その中には主に和金や琉金などリーズナブルで知名度の高い金魚が入っていることでしょう。知名度的には琉金や和金が高いのになぜ「ランチュウ」が王様なのかと、疑問に思いませんか?ズバリその理由は価格、愛好家、品評会など全てを統合して金魚の最高峰に位置しているからです!もちろんランチュウの中にも数百円で購入でき、気軽に飼育可能な種類もいます。しかし品評会に出て入賞するランチュウは何十万~何百万円に及ぶことも!!
金魚でそんなに!!と思われる方も多いと思います。たかが金魚、されど金魚、愛好家の方たちが愛情込めて育てあげたランチュウはそれほどの価値があるのです。そう考えると金魚の王様が「ランチュウ」というのも納得できるのではないでしょうか!!

ランチュウの特徴についてはこちらから!!

複数飼育で更に優雅に!

複数飼育で更に優雅に!

金魚の王様「ランチュウ」の飼育方法!

王様というからには、ランチュウの飼育って難しいのではないのかと思うかもしれませんが、大丈夫です!比較的安価なランチュウの一般的な飼育方法をお知らせします。

・成長すると20cm前後になるので45㎝以上の水槽がいいでしょう。
・餌は人工飼料、冷凍赤虫、柔らかい水草、なんでも食べちゃいます!バランスよくあげましょう。
・混泳は同じぐらいの大きさの金魚や、お掃除屋さんのドジョウがいいでしょう。ただし和金など、泳ぐのが速い金魚は先に餌を食べつくしたり、ランチュウを追いかけたりする恐れがあるので、泳ぎの遅い琉金や出目金の方が安心です。

ヒーターっているの??

ヒーターを入れて元気に泳ぎ回るランチュウ

ヒーターを入れて元気に泳ぎ回るランチュウ

「ランチュウにもヒーターって必要なの?」この疑問がとても多いのでお答えします!
「ヒーターを入れなくても生きられます!!」金魚の生息水温域は0~35℃程度と言われています。池の金魚が冬でも凍死しないのは0℃でも耐えられるからです。しかし、あくまで耐えられるというだけであり、元気に泳ぎ回れるような水温ではありません。最適水温は15~28℃前後です。「室内なら安全でしょ」と思いたいところですが、寒い季節の朝、昼、晩では室温は大幅に変わります。つまり室温に影響を受ける水温も変わるので、急激な水温変化によりランチュウが体調を崩す原因にも繋がってしまいます。

まとめてみると、ヒーターがあると最適水温で元気に泳がせてあげられますし、急激な水温変化もないから体調も崩しにくいのです!せっかく育てるなら元気に長生きしてもらうため、ヒーターを入れてあげましょう。
いかがでしたか?今回は金魚の王様”ランチュウ”のお話でした。
12 件

オススメの記事今注目の記事