2016年8月6日 更新

グッズごとの購入費用とランニングコスト

いざ熱帯魚を飼育しようと考えた時、どのようなグッズが必要となり、どの程度の購入費用になるのか、またランニングコストはどのくらいかかるのか気になりますよね。そこで今回は、アクアリウムに必要なグッズの購入費用や、ランニングコストについてまとめました。

2,563 view

基本的なアクアリウムのグッズとその費用について

60センチほどの大きさの水槽でアクアリウムを楽しむには、以下のようなグッズを買い揃える必要があります。

・水槽
透明度が高いガラス水槽がおすすめです。価格は大きさやデザインによります。2,000円~

・水槽台
大量の水が入った水槽はかなりの重さとなり、一般の家具ではその重さに耐えることができません。そこで必要となるのが水槽専用の台です。水槽台があれば、フィルターなどの設備も収納することができ、水槽周りをすっきりさせることもできます。4,000円~

・水槽マット
ガラス製の水槽は、固さのある台の上などに置くと割れてしまうことがあるため、下にマットを敷くことをおすすめします。1,000円~

・照明
照明には、蛍光灯、LED、メタルハライドランプがあります。メタルハライドランプは費用が高くつくため、蛍光灯かLEDでも充分です。ただし、LEDの中には水草の育成に適さないものもありますので、その点をよく確かめてから購入するようにしてください。4,000円~

・ろ過装置やろ材

ろ過をするために必要な装置と、その中に入れるフィルターです。それぞれ4,000円~、2,000円~となっています。

その他、水温計や底床、水質調整剤など細かなグッズも含め、初期費用はおおよそ30,000円ほどとなるでしょう。もちろん、安めのグッズで揃える、熱帯魚だけを育てて水草は飼育しないなど工夫をすれば費用はもっと抑えることができます。

水槽専用キャビネット

水槽専用キャビネット

LED照明器具

LED照明器具

外部式フィルター

外部式フィルター

ランニングコストはどのくらいかかる?

では、これらを維持するのにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。季節によってかかる電気代が異なってくるのでランニングコストにも変動がありますが、通常であれば月1,300円ほど。夏場はこれよりも100円ほど高いくらい、冬場は2,400円ほどかかってくることとなります。やはり冬場はヒーターの使用がありためにコストが上がる傾向にあります。

グッズ購入もランニングコストも工夫次第でさらに抑えることができますよ。うまく節約しながらアクアリウムを楽しみましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクアリウムに使う流木の入手方法とアク抜きのアレコレ!

アクアリウムに使う流木の入手方法とアク抜きのアレコレ!

アクアリウムを始める上で、欠かせないのが流木です。流木には様々な形状のものがあるため、その人のセンスが問われるアイテムでもあります。それではそういった流木はどこで入手し、水槽に投入する際にはどのような注意が必要なのでしょうか。気になった人は、この記事をチェックしてください!
  7,647 view
金魚もメダカもコオロギも!熱帯魚が元気に育つ生き餌の種類

金魚もメダカもコオロギも!熱帯魚が元気に育つ生き餌の種類

大型の熱帯魚には肉食の種も多く存在します。小型魚に与えるようなタブレットやフレーク状の人工飼料を食べない個体には、金魚やメダカなどの生き餌(活餌)で栄養を摂らせる必要があるのです。今回は熱帯魚を元気に育てるための生き餌の種類をご紹介します。
  3,224 view
水槽の水換えがぐっと楽になる方法

水槽の水換えがぐっと楽になる方法

アクアリウムをやるうえでは欠かせない水換え。「水換えが面倒だから」という理由でアクアリウムを始めることを躊躇してしまう人もいるほどです。そんな面倒な水換えですが、実は簡単にできる方法があるのをご存じでしょうか。今回は、水槽の水換えがぐっと楽になる方法をご紹介します。
  22,919 view
アクアリウム立ち上げの第一歩!パイロットフィッシュとは

アクアリウム立ち上げの第一歩!パイロットフィッシュとは

アクアリウムを立ち上げるため、やるべきことは多々ありますが、そのうちの一つがパイロットフィッシュの投入です。このパイロットフィッシュ、アクアリウム初心者の方にとっては聞き慣れない単語かもしれませんが、実はとても重要なものなのです。今回は、パイロットフィッシュとは何か、についてご紹介をしていきます。
  3,531 view
熱帯魚にも好き嫌い!?エサの種類とその特徴

熱帯魚にも好き嫌い!?エサの種類とその特徴

熱帯魚を飼う際、色々注意しなければならないことがありますが、その中でも一番気を使うのが、エサではないでしょうか。熱帯魚にもそれぞれ好みのエサがあり、間違えたエサを与えると食べてくれない場合があるため、まずはどんなエサがあるのかを把握しておかなければいけません。そこで今回は、熱帯魚のエサの種類とその特徴について、ご紹介していきます。
  4,552 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事