2018年2月17日 更新

熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

水槽で飼育している魚同士の相性が悪いと、ケンカして鱗がはがれてしまう恐れがあります。また、熱帯魚の鱗が松かさのように逆立っている場合は厄介な病気を発症していることも。鱗の異常に気付いたら、観察によって原因を突き止め、適切な対策を打ちましょう。

819 view

魚同士のケンカで鱗が取れることは多い

大型魚や縄張り意識の強い魚は、鱗がはがれるほど激しいケンカをすることも少なくありません。ベタのようにオス同士でケンカをする魚は特に注意が必要です。鱗やヒレなど、体表に傷がついてしまった場合は、傷口から病気に感染してしまう恐れもあるので直ちに対処しましょう。

魚同士のケンカを予防するには相性の悪い魚を混泳させないことが大前提ですが、水槽を大きくしたり、水草を入れて魚の隠れ場所を増やしたりすることでケンカを防げる場合もあります。また、水槽が狭すぎると、魚がストレスを受けて水槽内で暴れ、結果として鱗が傷つくこともあるので、魚の鱗が取れているのを発見したら飼育環境も見直すようにしましょう。

エロモナス感染症は鱗が逆立つ病気

エロモナス感染症とは、鱗の下に分泌液がたまり、腹部が膨張する病気で、体表が赤く充血したり、目玉が外側に隆起したりするなどの症状を伴います。鱗が逆立つ症状から「松かさ病」とも呼ばれるエロモナス感染症は、一度発症すると治療が困難なため、予防に徹する必要があるでしょう。

エロモナス感染症の原因であるエロモナス菌は、魚の腸内に普遍的に存在していますが、水槽内の環境悪化や、急な水温低下、ストレスによって生体が弱ると、エロモナス菌が増殖し症状が発症します。水面が波立つような荒っぽい清掃や、温度管理の不十分な換水が生体を弱らせる場合があるので、注意しましょう。

鱗がはがれたお魚は隔離と薬浴で様子を見よう

鱗がはがれたお魚は、ケンカや病気の蔓延を防ぐために別の水槽に隔離します。気温が低い時期は避難先にもヒーターを設置し、急激な温度変化がないように気を配りましょう。

隔離したお魚は、専用の薬品を使って治療を行います。10日前後薬浴させた後は、鱗の回復を早めるために、水槽の水温を28~30度ほどまで上げて生体の代謝を高めましょう。傷口が粘膜で覆われるとゆっくり鱗が再生していくので、その間は水槽の水質や温度に気を遣って、お魚にストレスを与えないようにしてください。

日々の観察で傷の早期発見に努めましょう

ヒレを揺らして優雅に泳ぐ熱帯魚の姿は、水槽を見る人に癒しや安らぎを与えてくれます。しかし熱帯魚は生き物である以上、病気やケガのリスクをゼロにすることはできません。お魚の動きが鈍い、体表に傷があるなどの異常を発見したら、すぐに隔離し治療を行うことが大切です。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

病気?寿命?熱帯魚の体色が薄くなったら試すべきこと

病気?寿命?熱帯魚の体色が薄くなったら試すべきこと

ふと水槽を見たとき、「熱帯魚の色が薄くなっている」なんてことはありませんか? ひょっとしたら、それは何らかの異変が起きているサインかもしれません。今回は、熱帯魚の体色が薄くなった際に試しておきたいことについてご説明していきます。
  4,491 view
白点病とは?原因や治療法について

白点病とは?原因や治療法について

熱帯魚に白いポツポツができて驚いたことはありませんか? 治るのか、治らないのか、もっとひどくなるのか・・・飼い主としては不安になりますよね。今回は「白点病」と呼ばれる白いポツポツの原因や治療法についてご説明します。
  1,406 view
観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

ペットショップや熱帯魚店で買った外来種を、近くの川や池に放流するのは生態系を崩す恐れのある危険行為として知られています。しかし、メダカのような種であれば、放流しても問題ないと勘違いしている方は意外と多いもの。そこで今回は、たとえ国産のメダカであっても、近くの川などに放流してはいけない理由を細かく解説します。
  1,478 view
カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

アニメ映画「ファインディングニモ」で一躍有名になったカクレクマノミ。せっかく海水水槽を始めるならクマノミを飼いたいと思っている方も少なくないでしょう。そんなクマノミと一緒に飼育したいのが、共生関係にもあるイソギンチャクです。しかしイソギンチャクの飼育は大変なことも多く、難易度も比較的高めといわれています。そこで今回はイソギンチャクの飼育や、イソギンチャクとクマノミの関係性についてご紹介していきます。
  856 view
コケの発生を抑える便利なコケ抑制剤!でも注意が必要…!?

コケの発生を抑える便利なコケ抑制剤!でも注意が必要…!?

水槽の水替えや掃除をこまめに行って水質を維持すれば、緑や茶色のコケの発生を抑えることができます。しかし、平日は忙しくて水槽の管理をする暇がないという方も多いでしょう。そんなときにはコケ抑制剤を投入してコケを生えにくくするのも手段の一つですが、使用方法を誤ると取り返しのつかない事態を引き起こしてしまうかもしれません。
  1,627 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事