2017年5月10日 更新

夏に向けて知っておきたい!アクアリウムのクーラーとは

春の不安定な天気や、夏の猛暑では人間も体調を崩しがちですが、水量が限られている水槽ではそれ以上に水温の変化が熱帯魚に伝わりやすくなっています。暑さで水温が高くなりすぎるとお魚たちが弱ってしまうため、夏場は冷却装置の導入によって水槽内の水温を下げることが必要です。

537 view

水温を下げる方法にはどんなものがあるの?

水温を下げる方法というと、水槽に氷を入れたり水を換えたりといった方法が思い浮かびますが、これらの方法は、水温を急激に下げるため、水温変化に弱い生体にとっては逆効果であるといえます。また、水槽を照らすライトを水槽から離すことや、水槽の周囲に断熱材を付けることも水温を下げる方法の一つではありますが、即効性がなく、もともと高温な部屋の中ではあまり意味をなさないでしょう。

徐々に水槽の温度を下げる一番手軽な方法は冷却ファンを取りつけることです。ファンは水面に風を当て水の蒸発を促し、水が蒸発する際に熱を奪う気化熱の仕組みを利用して水温を下げています。しかしこの方法は外気温や湿度に影響されるため下げられる水温に限度があり、水草やサンゴ、海水魚など高水温に著しく弱いものを飼育している場合は不十分かもしれません。水槽内の生命を確実に維持するためにはクーラーの使用がオススメです。

クーラーを導入することのメリットとは?

寒さに弱い熱帯魚たちのために、冬場は水槽にヒーターを取りつけている方は多くいらっしゃいますよね。クーラーのほとんどの機種はヒーターと接続することによってオールシーズン使用できるようになります。これなら自動的に冷却と過熱を切り替えて運転してくれるので、ヒーターのみを使う場合より確実な水温調整が可能です。春から初夏や秋口などの水温が安定しない時期には、ヒーターを接続したクーラーを使用して水温を一定にしましょう。

クーラーにはどんな種類があるの?

クーラーの購入の際には、設置する水槽のワンサイズ上に対応した機種を選ぶと安全です。これは、猛暑の影響で気温が上がりすぎたり、ライトやポンプなど水温を上昇させる要因となる機器が多かったりすると、メーカーの想定より冷却が進まず、設定したい水温まで下がらないことがあるからです。また、機種によって静音性や消費電力に差があるので、稼働音や消費電力が心配な方は省エネタイプを選ぶと良いでしょう。

暑い夏も寒い冬も水温は一定に

飼育する熱帯魚や水草の夏場の状態はあなたの水温管理にかかっています。水温が急激に変化しないよう、断熱材とクーラーを併用するなどして、暑さから熱帯魚たちを守ってあげましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクアリウム照明のなかでももっとも歴史が長い「蛍光灯」について知ろう

アクアリウム照明のなかでももっとも歴史が長い「蛍光灯」について知ろう

室内に設置したアクアリウムにとって照明は太陽。照明は水槽内の様子を綺麗に見せるために必要なだけでなく、水草の生長を促すためにも一役買っています。現在、アクアリウム用の照明として販売されている製品には蛍光灯、LED、メタルハライドランプなどがありますが、今回はそのなかでもっとも古くから使われている蛍光灯について知識を深めていきましょう。
  92 view
ちょっと待って!アクアリウムの照明にLEDは注意が必要かも…

ちょっと待って!アクアリウムの照明にLEDは注意が必要かも…

蛍光灯、LED、メタルハライドランプなどの照明のなかで、もっとも電気代を抑えられると人気を集めているのがLEDです。確かに最近では家庭用の照明器具を蛍光灯からLEDに変更して、節電をめざす取り組みがあるほどですが、人間用の照明と同じ感覚で水槽の照明をLEDに変えてしまうと、思わぬ事態を招くおそれがあります。
  302 view
雰囲気抜群!でも注意が必要?メタルハライドランプとは

雰囲気抜群!でも注意が必要?メタルハライドランプとは

アクアリウムにおいて、水草の生長や熱帯魚の健康維持のために照明が不可欠なのはご存じでしょう。主に使用される照明としては「蛍光灯」「LED」「メタルハライドランプ」がありますが、中でもメタルハライドランプは「水槽の雰囲気が良くなる」とアクアリウム上級者から人気を集めているようです。今回はそんなメタルハライドランプにフォーカスを当ててみました。
  139 view
水換え回数を減らせる?巷で噂の落ち葉水槽とは?

水換え回数を減らせる?巷で噂の落ち葉水槽とは?

2005年ごろ、インターネットの有名掲示板で提唱された「落ち葉水槽」というメソッドをご存知でしょうか。これは水槽内に広葉樹の落ち葉を入れると水槽の硝酸濃度が下がるというもので、正常な運用を続けることで1年以上水を交換しなくても熱帯魚の生育に理想的な水質を保つことができるといいます。落ち葉水槽という言葉が誕生して10年以上が経過した今、落ち葉水槽メソッドはアクアリウム愛好家の間でどのように評価されているのかを調べてみました。
  406 view
ライトやポンプのオンオフを自動化するならタイマーがおすすめ

ライトやポンプのオンオフを自動化するならタイマーがおすすめ

アクアリウムには様々な電子機器が設置されており、そのいずれも非常に重要な役目を果たしています。水質を維持するための濾過フィルター、熱帯魚の生活リズムを整えるために必須の照明、空気を送り込むためのエアポンプ、などなど数を数えだすとキリがありません。そして当然これらの機器を動かすためには電力が必要であり、電源管理が必要になります。複数の機器の管理と聞くと煩わしく感じる人も多いかと思いますが、そういった管理を非常に楽にしてくれる機器が「プログラムタイマー」です!
  181 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事