2017年12月22日 更新

水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

生き物を飼育する以上は、フンやエサなどの独特な臭いから逃れることはできません。しかし、匂いの原因に適切な対応をすることで、不快な臭いを最小限にとどめることは可能です。今回は水槽から嫌な臭いがしたときに確認すべきポイントと、臭いを除去する方法をご紹介します。

4,492 view

チェックポイント1:エサが腐っていないか

※画像はイメージです

※画像はイメージです

熱帯魚のエサにはフレーク状のものから赤虫、キュウリなどの生ものまでさまざまな種類があります。エサ自体がはじめから臭う場合もありますが、与えるエサが多すぎて食べ残しがあったり、水槽のフチにエサが付着していたりすると、残ったエサが腐って悪臭の原因になってしまうことも。

熱帯魚にエサをあげる際は、エサが水槽のフタやフチにつかないように気をつけ、水の中に入らなかったエサは放置せずすぐ掃除しましょう。また、エサの形状や大きさが熱帯魚に合っていないと、食べ残しが増えるので、エサが生体にあっているかよく観察することも大切です。逆に、元気な生体は与えられたエサを全部食べようとするので、エサの量を少なめにしてフンの量を減らすことも臭い対策としては有効でしょう。

チェックポイント2:フィルターのろ過能力は正常か

水槽内の飼育匹数が多いと、フィルターのろ過能力が水槽の汚れる速さに追いつかず悪臭の原因を除去しきれなくなってしまいます。水槽が慢性的に臭う場合は外部フィルター、上部フィルター、投げ込みフィルターなどいくつかのフィルターを複合で設置し、ろ過能力を調整しましょう。

水槽から畑の土のような臭いがする場合は、ろ過バクテリアがフィルター内や水槽ガラス面に繁殖し、飼育水が安定している証拠なので気にする必要はありません。

チェックポイント3:コケが増えすぎていないか

水槽内に藍藻というドロッとしたコケが発生すると、水槽から臭いが出ることがあります。藍藻が発生するのは、エサの食べ残しや照明の光量が強いなどで水槽の環境が乱れているときです。
藍藻はホースで吸って除去できますが、水槽の環境を根本的に整えなければ悪臭の発生を抑えることはできません。水槽内にフンやエサが溜まる場所がないか確認し、きれいな水が常に水槽内を循環するよう、流木などのインテリアの位置を調整しましょう。

水替えのし過ぎは逆効果!

水槽が臭うからといって水を替えすぎると、水質を維持するために必要なバクテリアが減少し、かえって臭いや濁りがとれないことがあります。水槽から悪臭がする場合は、紹介したポイントを確認し、臭いの原因をピンポイントで取り除くことが大切です。また、臭いを吸着する活性炭を交換したり、外気に触れる外部式フィルターの中を掃除したりすることで臭いが改善される場合もあります。水槽の周辺環境を見直して、エサと生体と水質のバランスを整えましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

アクアリウムを行ううえで、大きな不安となるのが「水槽の水漏れ」です。水漏れは水槽内にも水槽外にも大きな悪影響を及ぼすため、なんとしても防がなければいけません。そのためには、水漏れの原因にどのようなものがあるか知り、しっかりとした対策を練る必要があります。
  2,630 view
ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

「アクアリウムを始めよう!」そう思った時に、ほぼ必ずといっていいほど必要となるのが水槽です。水槽にはガラス水槽とアクリル水槽があり、それぞれ違った特徴を持っています。そこで今回はガラス水槽とアクリル水槽の特徴や水槽の選び方などをご紹介していきます!
  4,207 view
中古の水槽はここに注目!少しでも良い水槽を見極めましょう

中古の水槽はここに注目!少しでも良い水槽を見極めましょう

「アクアリウムを始めてみたいけど、費用が…」「買い換えたいけど、お金が…」そんな悩みを持っている方も少なくないはずです。そんな時に比較的安価で手に入れることのできる中古品は非常に重宝しますよね。しかし中古品は購入前にしっかりと見極めなければ「安物買いの銭失い」になってしまうことも…特に水槽は状態が悪いものでは水漏れしてしまう可能性があり、大惨事になってしまいかねません。そこで今回は中古の水槽を買う際にチェックしておきたいポイントについてのお話です。
  1,553 view
水換え回数を減らせる?巷で噂の落ち葉水槽とは?

水換え回数を減らせる?巷で噂の落ち葉水槽とは?

2005年ごろ、インターネットの有名掲示板で提唱された「落ち葉水槽」というメソッドをご存知でしょうか。これは水槽内に広葉樹の落ち葉を入れると水槽の硝酸濃度が下がるというもので、正常な運用を続けることで1年以上水を交換しなくても熱帯魚の生育に理想的な水質を保つことができるといいます。落ち葉水槽という言葉が誕生して10年以上が経過した今、落ち葉水槽メソッドはアクアリウム愛好家の間でどのように評価されているのかを調べてみました。
  6,132 view
水槽の水換えがぐっと楽になる方法

水槽の水換えがぐっと楽になる方法

アクアリウムをやるうえでは欠かせない水換え。「水換えが面倒だから」という理由でアクアリウムを始めることを躊躇してしまう人もいるほどです。そんな面倒な水換えですが、実は簡単にできる方法があるのをご存じでしょうか。今回は、水槽の水換えがぐっと楽になる方法をご紹介します。
  22,805 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事