2017年4月7日 更新

熱帯魚をショップから家に輸送する時の注意点とは?

熱帯魚の飼育は家の水槽に移す前から始まっています。ショップで熱帯魚を購入すると、水槽の水と酸素が入ったビニール袋に熱帯魚を入れてくれますが、扱い方を間違えるとストレスや衝撃によって熱帯魚が弱ってしまいます。魚の元気を保ったまま自宅の水槽に迎え入れるには、輸送の際に何に注意すればいいのでしょうか?

1,685 view

熱帯魚を持ち帰る際は車内の温度に注意

夏場の車内は温度が50℃に達することもあります。魚を輸送する際のビニール袋には水が少量しか入っていないので温度の対策をとらないとすぐに水温が適温を上回ってしまうでしょう。魚を弱らせないためには輸送用に用意したクーラーボックスや発泡スチロールの箱に氷や保冷剤を入れ、魚の入ったビニール袋の水温を適温に保つことが有効です。

寒さが厳しい季節は暖房が入った車で輸送するようにしましょう。自転車やバイクなど外気の影響を受けやすい手段で輸送しなければならない場合は、夏場と同様、発泡スチロールやクーラーボックスに新聞紙とカイロを入れて、適温を保つようにするといいでしょう。

熱帯魚の入ったビニールに与える衝撃は最小限に

振動に気を配る

写真はコリドラス・シュワルツィです。
車や電車で輸送する際は、床に直置きすると振動がビニール袋に直接伝わり魚のストレスになってしまいます。静かに運ぶためには魚の入った袋を膝に抱えたり、手にぶら下げたりして衝撃を体で吸収しましょう。コリドラスなど、揺れによって微毒を出す性質のある魚の輸送は特に注意が必要です。

ビニール袋を破損させる魚のトゲにも注意

写真はサカサナマズです。
ナマズの仲間やピラニアなど、エラやヒゲや口にトゲのある熱帯魚を購入した際は、運んでいる間にビニール袋が破けないよう、梱包方法に工夫が必要です。ビニール袋を2重にし、間に新聞紙を挟むなどして、魚のトゲ対策をしてください。

家に着いたらすぐに水槽へ!は間違いです

ビニール袋に入った魚たちは窮屈そうで、早く広い水槽に移してあげたいと思ってしまいますが、自宅の水槽に移す時には、まず袋と水槽の温度差を埋める必要があります。魚を移す水槽にビニール袋のままで浮かべておくと、徐々に水温が近づきます。温度が急激に変化すると最悪、魚がショックで死んでしまうので、この手間は怠らないでください。

熱帯魚を購入した際は、ショップがビニール袋の中に2~3日分の酸素を入れてくれます。家まで無事に輸送ができたら、焦らずに温度合わせや水合わせを確実に行うようにしましょう。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクアリウム立ち上げの第一歩!パイロットフィッシュとは

アクアリウム立ち上げの第一歩!パイロットフィッシュとは

アクアリウムを立ち上げるため、やるべきことは多々ありますが、そのうちの一つがパイロットフィッシュの投入です。このパイロットフィッシュ、アクアリウム初心者の方にとっては聞き慣れない単語かもしれませんが、実はとても重要なものなのです。今回は、パイロットフィッシュとは何か、についてご紹介をしていきます。
  1,822 view
病気?寿命?熱帯魚の体色が薄くなったら試すべきこと

病気?寿命?熱帯魚の体色が薄くなったら試すべきこと

ふと水槽を見たとき、「熱帯魚の色が薄くなっている」なんてことはありませんか? ひょっとしたら、それは何らかの異変が起きているサインかもしれません。今回は、熱帯魚の体色が薄くなった際に試しておきたいことについてご説明していきます。
  2,521 view
白点病とは?原因や治療法について

白点病とは?原因や治療法について

熱帯魚に白いポツポツができて驚いたことはありませんか? 治るのか、治らないのか、もっとひどくなるのか・・・飼い主としては不安になりますよね。今回は「白点病」と呼ばれる白いポツポツの原因や治療法についてご説明します。
  912 view
超初心者向け!まずは水槽セットから始めよう

超初心者向け!まずは水槽セットから始めよう

「熱帯魚を飼ってみたいけど何を揃えたらいいのか分からない・・・」という人へ、今回はおすすめの水槽セットとその選び方をご紹介します。
  2,771 view
ペット不可でも大丈夫!熱帯魚を飼うメリット

ペット不可でも大丈夫!熱帯魚を飼うメリット

アパートやマンションなどのペット不可な住宅で「ペットを飼いたくても飼えない・・・」という環境を強いられている人は多いのではないでしょうか。今回は、そんな皆さんへ熱帯魚を飼うメリットをお教えします。
  1,704 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事