2017年7月18日 更新

フタが無い!?オープンアクアリウムの楽しみ方と注意点!

普通のアクアリウムに慣れてくると、色んなレイアウトや形態に挑戦してみたいと思う方も多いはず。そこで今回はオープンアクアリウムについての情報をお届けします!普通のアクアリウムよりも楽しみ方が増えるオープンアクアリウムですが、挑戦して失敗する方も多いようです…。

2,933 view

オープンアクアリウムって?

オープンアクアリウムとはその名の通り、フタが無くオープンな状態でレイアウトを施すアクアリウムのことです。オープンアクアリウムは見た目も良く、特有の楽しみ方もできるので憧れる方も多いのではないでしょうか?しかし、オープンアクアリウム特有の注意点も多くあるので行う際には一層の注意が必要となります。

オープンアクアリウムをする時の注意点!

魚が飛び出す!

フタが無いことでまず一番に考えられるのが熱帯魚の飛び出しです。実は魚は思っている以上に跳ねるため、注意していないと水槽から外に飛び出してしまうことがあります。特にオープンアクアリウムを行う場合は水槽ぎりぎりまで入れることが多いため、飛び出しの危険性は高くなります。水面近くを泳ぐ魚を避けたり、水位を少し下げるなどして対策しましょう。

水が蒸発する!

フタが無いと水はどんどんと蒸発していってしまいます。そのためサーモスタットやヒーターの露出には十分な注意が必要です。それと同時に蒸発した水が照明に付いたり、水滴の跳ねなどが付いてしまわないように注意することも忘れないようにしましょう。照明に関してはオープンアクアリウムに使用して良いものとそうでないものがあるので、購入前に確認しておくと良いでしょう。

ほこりが入る!

フタが無いので、もちろん上から落ちてきたものは水槽の中に入ってしまいます。そのためほこりやゴミなどが入ってしまうなんてことも…。また水槽の上付近になにかものを置いている場合は落としてしまわないように注意しましょう。

オープンアクアリウムのメリット!

レイアウトの自由度が広がる!

フタが無いことで植える水草や、流木などの高さを気にせず配置することができます!はみ出して流木を設置したり、水中葉と水上葉を植え分けたりも可能となりレイアウトの幅は大きく広がると言えるでしょう。アクアテラリウムの魅力を最大限に発揮するにはオープンにするのが良いともされています。

オープンアクアリウムならではの位置から観察できる!

オープンにすることで普通のアクアリウムではなかなか見ることのできない上からの視点で水槽内を観察することができます。浮き草などを浮かべてより自然に近いような雰囲気を楽しむことも可能です。

照明が直接水槽に届く!

照明の光が直接水槽内に届くことで全体的に光が行きわたることもオープンアクアリウムの魅力です。光がしっかり水槽内に届くことでより水草に光を当てることができ、光合成を促すことができます。もちろん水槽内が明るくなることで水槽全体の見栄えも良くなるでしょう。

オープンアクアリウムは大変だけど、楽しみも多い!

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクアリウムに陸を作る!?アクアテラリウムとは?

アクアリウムに陸を作る!?アクアテラリウムとは?

アクアリウムの一種に、「アクアテラリウム」と呼ばれるものがあるのをご存じですか?アクアテラリウムは水槽の中に水中と陸地の二つの世界を表現したもので、その美しさからじわじわと注目され始めています。今回はそんなアクアテラリウムの魅力や作り方についてお話しします。
  5,909 view
アクアリウム立ち上げの第一歩!パイロットフィッシュとは

アクアリウム立ち上げの第一歩!パイロットフィッシュとは

アクアリウムを立ち上げるため、やるべきことは多々ありますが、そのうちの一つがパイロットフィッシュの投入です。このパイロットフィッシュ、アクアリウム初心者の方にとっては聞き慣れない単語かもしれませんが、実はとても重要なものなのです。今回は、パイロットフィッシュとは何か、についてご紹介をしていきます。
  2,611 view
熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

水槽で飼育している魚同士の相性が悪いと、ケンカして鱗がはがれてしまう恐れがあります。また、熱帯魚の鱗が松かさのように逆立っている場合は厄介な病気を発症していることも。鱗の異常に気付いたら、観察によって原因を突き止め、適切な対策を打ちましょう。
  820 view
観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

ペットショップや熱帯魚店で買った外来種を、近くの川や池に放流するのは生態系を崩す恐れのある危険行為として知られています。しかし、メダカのような種であれば、放流しても問題ないと勘違いしている方は意外と多いもの。そこで今回は、たとえ国産のメダカであっても、近くの川などに放流してはいけない理由を細かく解説します。
  1,478 view
カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

アニメ映画「ファインディングニモ」で一躍有名になったカクレクマノミ。せっかく海水水槽を始めるならクマノミを飼いたいと思っている方も少なくないでしょう。そんなクマノミと一緒に飼育したいのが、共生関係にもあるイソギンチャクです。しかしイソギンチャクの飼育は大変なことも多く、難易度も比較的高めといわれています。そこで今回はイソギンチャクの飼育や、イソギンチャクとクマノミの関係性についてご紹介していきます。
  856 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事