2017年8月31日 更新

半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

見た目の美しさから、高い人気を集める熱帯魚「ベタ」。ベタには数多くの種類がありますが、そのなかで一際美しいとされる種類をご存知でしょうか。それが今回ご紹介する熱帯魚「ハーフムーン」です。日本ではベタのなかでもっとも高い人気を誇るとされるこのハーフムーン。いったいどのようなところが魅力なのでしょうか。

232 view

ベタのなかでも大人気のハーフムーンとは?

豊富な種類を誇り、観賞用として高い支持を集めるベタですが、なかでもハーフムーンは「究極のショーベタ」といわれています。ショーベタとは、ショーに出せるレベルに美しいベタという意味。つまり、ハーフムーンはそれだけ美しい熱帯魚なのです。特に際立っているのが、半月状に広がる尾鰭。この尾鰭の形状から、ハーフムーンという名前がつけられました。

ハーフムーンの尾鰭にはいくつかのタイプがあります。そのなかでも希少なのが、鰭の先が全体的に白い「バタフライ」と鰭の先が全体的に透明になっている「クリアフィン」です。この2つのタイプの尾鰭を持つハーフムーンは、非常に希少価値が高いため選ぶ際の参考にしておきましょう。

ハーフムーンがハーフムーンと認定されるには、1つの条件があります。それが「尾鰭が180度開いている」こと。180度尾鰭が開いていない個体は「スーパデルタ」というタイプに分類されるため、注意しておきましょう。

ハーフムーンの飼い方

決して飼うのが難しくないのが特徴のベタですが、ハーフムーンに関しては少々飼育の難易度が高いため気をつける必要があります。理由は、ハーフムーンの鰭のデリケートさ。尾鰭を美しい形状に保つためには、常に水槽を清潔に保ち、なおかつ混泳などにも気を使わなければいけません。

それ以外の特徴は、ベタと同じです。餌はアカムシや糸ミミズ、人工飼料などを与え、水温は25~28℃を保つようにしておきましょう。また、鰭を綺麗に保つためという理由もありますが、基本的にベタは好戦的なため混泳には向いていません。魚だけでなく、エビにも攻撃を加える可能性があるため、できる限りハーフムーンは単体で飼うようにしましょう。

ハーフムーンを飼うならフレアリングをしよう

ベタの飼育、特に尾鰭に気を使う必要があるハーフムーンの飼育をする際、覚えておきたいのがフレアリングです。これは鏡をハーフムーンに見せることで、ハーフムーンが鏡のなかに映った自分を威嚇し、鰭を広げる行動を促すもの。こうすることで、大きな鰭が癒着してしまうのを防ぐことができるのです。また、ハーフムーンにとっては良い運動にもなるため、可能であれば1日1回はフレアリングをおこなうようにしましょう。

しっかりと飼育してハーフムーンの美しさを堪能しよう!

ご紹介したように、ハーフムーンはフレアリングなど飼育に手間がかかってしまうのは事実です。しかし、ハーフムーンの美しさはそうした煩わしさを吹き飛ばしてしまうこと間違いなし。じっくりと美しさを堪能するためにも、日ごろのお世話は欠かさずするようにしましょう。

その他ショーベタに関する記事はこちら

バリエーション豊富!色とりどりのショーベタたち - 熱帯魚・アクアリウム

バリエーション豊富!色とりどりのショーベタたち - 熱帯魚・アクアリウム
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

砂から頭をニョキっと出している姿が特徴的な「チンアナゴ」。水族館でも非常に人気があり、ぬいぐるみなど様々なグッズも販売されていますね。そんなチンアナゴはあまり個人で飼育をするイメージがないかもしれませんが、実は販売もされていてご家庭でも飼育することができるんです!そこで今回はチンアナゴの飼育方法などをまとめてみました。
  234 view
熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

人懐っこくて可愛いと評判のミドリフグ。見た目の小ささに加え、クリっとした目で多くのアクア二スタを癒しているようです。最近では、熱帯魚ショップの他、ゲームセンターのUFOキャッチャー景品にも登場。今回は人気高いミドリフグの生態から飼い方までをご紹介します。
  435 view
シマウマみたい!?「ゼブラキャット」の飼育方法!

シマウマみたい!?「ゼブラキャット」の飼育方法!

シマウマのような縞模様が特徴的なナマズの一種、ゼブラキャット。「飼ってみたいけれど情報が少なくてちゃんと飼えるか心配」という方もいるのでは?ここではそんな方に向けて、ゼブラキャットの生態から飼い方までを詳しくご説明します。
  331 view
歩く珍妙な魚「ウォーキングバットフィッシュ」の飼育方法!

歩く珍妙な魚「ウォーキングバットフィッシュ」の飼育方法!

見た瞬間に思わず「なんだこれ!」と言いたくなってしまう珍妙な魚、「ウォーキングバットフィッシュ」。黒くてゴツゴツしている見た目ですが、「顔はキュートな困り顔」と評判です。海底を歩く性質とコウモリのような見た目から、ウォーキングバットフィッシュ(別名ロングノーズバットフィッシュ)と名付けられたそうです。今回は「実際に家でウォーキングバットフィッシュを飼育してみたい!」という人向けに、ウォーキングバットフィッシュの生態と飼育方法についてご紹介します。
  613 view
一度は飼ってみたい高級魚!?「ネオケラトドゥス」の飼育方法!

一度は飼ってみたい高級魚!?「ネオケラトドゥス」の飼育方法!

熱帯魚ショップでも滅多にお目にかかることのできない魚、ネオケラトドゥス。約4億年前からほとんど姿形を変えてないとも言われ、非常にロマン感じる魚です。非常に僅かではありますが輸入されていることもあり、憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。今回はそんなネオケラトドゥスの情報をまとめてみました!
  1,179 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事