2017年1月6日 更新

生きた化石と呼ばれる肺魚の特徴と飼い方

肺魚は古代魚の一種で、一億年も前からその外見が変化していないと言われています。 恐竜がいたとされている時代から、ずっと存在し続けている肺魚の特徴と飼育方法についてご紹介致します。

335 view

肺魚ってどんな魚なの?

肺魚という名前からもわかるように、肺魚は肺を持っている魚です。元々エラ呼吸もするのですが、成体に近づくにつれて肺呼吸の割合が増えていきます。そのため、完全な成体になった時には、肺呼吸できる環境を整えてあげないと溺れてしまうことさえあります。

肺魚には一般的な魚についているようなヒレがありません。そして、胸ビレも尻ビレもありません。肺魚のヒレにあたる部分は、ムチのような形をしており、これをまるで手足の様に使います。また、大概の魚には鼻がありませんが、肺魚には鼻があります。これが肺魚の身体的特徴です。肺魚は魚と両生類のちょうど中間にいる生物なのです。

また、肺魚は夏眠という習性があるため、夏場にあまり活動をしません。これは原産地であるオーストラリアは、夏の乾期で水場が干上がってしまうことがあるので、乾期が過ぎるのを待つためにできた習性のようです。

肺魚の飼育方法

肺魚の飼育方法で、まず第一に気を付けたいのが水温です。暖かい地方が原産の魚なので、水温を調整するためにヒーターを使用したほうが良いでしょう。また、古代魚なので水質に関してはある程度適応していけますが、一度体調を崩すと回復しにくいので慎重に扱いましょう。そして、肺魚はエラ呼吸だけでなく肺呼吸も行うため、水槽の上部を5㎝ほど残しておく必要があります。その他、肺魚は時々水槽から逃げ出すことがあるため、フタに重しを乗せておくと良いでしょう。

エサに関しては、動物性のエサを与えると良いです。目が発達していないため、ヒレを使ってエサを探します。そして、エサの食べ方がとてもユニークで、他の魚のように丸呑みするのではなく、モグモグとよく噛んで食べます。肺魚には胃がないので、消化しやすいようにしているためです。このようにとても愛嬌のある姿が見られることも肺魚の魅力の1つです。
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

病気?寿命?熱帯魚の体色が薄くなったら試すべきこと

病気?寿命?熱帯魚の体色が薄くなったら試すべきこと

ふと水槽を見たとき、「熱帯魚の色が薄くなっている」なんてことはありませんか? ひょっとしたら、それは何らかの異変が起きているサインかもしれません。今回は、熱帯魚の体色が薄くなった際に試しておきたいことについてご説明していきます。
  136 view
旅行などで家を空けるとき、熱帯魚はどうする?

旅行などで家を空けるとき、熱帯魚はどうする?

熱帯魚を飼い始めてから初めて旅行に出かける場合――「旅行中、熱帯魚の世話はどうしたらいいんだろう・・・」「帰ってきて熱帯魚が全滅していたらどうしよう・・・」などと不安になる方も多いと思います。熱帯魚の心配をせず、旅行を思い切り楽しむため、今回は「旅行前にやっておくべきこと」と「帰宅後に確認すべきこと」を解説していきましょう。
  156 view
白点病とは?原因や治療法について

白点病とは?原因や治療法について

熱帯魚に白いポツポツができて驚いたことはありませんか? 治るのか、治らないのか、もっとひどくなるのか・・・飼い主としては不安になりますよね。今回は「白点病」と呼ばれる白いポツポツの原因や治療法についてご説明します。
  107 view
カージナルテトラの飼い方と、ネオンテトラとの違い

カージナルテトラの飼い方と、ネオンテトラとの違い

鮮やかな体色が特徴のカージナルテトラ。群泳している光景も非常に綺麗な熱帯魚です。 丈夫な魚なので、初心者でも飼育しやすくとても人気があります。そこで、カージナルテトラの飼育方法や購入時の注意点などをご紹介いたします。また、ネオンテトラと見た目が似ているため、その見分け方についてもご紹介致します。
  674 view
超初心者向け!まずは水槽セットから始めよう

超初心者向け!まずは水槽セットから始めよう

「熱帯魚を飼ってみたいけど何を揃えたらいいのか分からない・・・」という人へ、今回はおすすめの水槽セットとその選び方をご紹介します。
  1,828 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事