2017年1月6日 更新

生きた化石と呼ばれる肺魚の特徴と飼い方

肺魚は古代魚の一種で、一億年も前からその外見が変化していないと言われています。 恐竜がいたとされている時代から、ずっと存在し続けている肺魚の特徴と飼育方法についてご紹介致します。

1,524 view

肺魚ってどんな魚なの?

肺魚という名前からもわかるように、肺魚は肺を持っている魚です。元々エラ呼吸もするのですが、成体に近づくにつれて肺呼吸の割合が増えていきます。そのため、完全な成体になった時には、肺呼吸できる環境を整えてあげないと溺れてしまうことさえあります。

肺魚には一般的な魚についているようなヒレがありません。そして、胸ビレも尻ビレもありません。肺魚のヒレにあたる部分は、ムチのような形をしており、これをまるで手足の様に使います。また、大概の魚には鼻がありませんが、肺魚には鼻があります。これが肺魚の身体的特徴です。肺魚は魚と両生類のちょうど中間にいる生物なのです。

また、肺魚は夏眠という習性があるため、夏場にあまり活動をしません。これは原産地であるオーストラリアは、夏の乾期で水場が干上がってしまうことがあるので、乾期が過ぎるのを待つためにできた習性のようです。

肺魚の飼育方法

肺魚の飼育方法で、まず第一に気を付けたいのが水温です。暖かい地方が原産の魚なので、水温を調整するためにヒーターを使用したほうが良いでしょう。また、古代魚なので水質に関してはある程度適応していけますが、一度体調を崩すと回復しにくいので慎重に扱いましょう。そして、肺魚はエラ呼吸だけでなく肺呼吸も行うため、水槽の上部を5㎝ほど残しておく必要があります。その他、肺魚は時々水槽から逃げ出すことがあるため、フタに重しを乗せておくと良いでしょう。

エサに関しては、動物性のエサを与えると良いです。目が発達していないため、ヒレを使ってエサを探します。そして、エサの食べ方がとてもユニークで、他の魚のように丸呑みするのではなく、モグモグとよく噛んで食べます。肺魚には胃がないので、消化しやすいようにしているためです。このようにとても愛嬌のある姿が見られることも肺魚の魅力の1つです。
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

水槽で飼育している魚同士の相性が悪いと、ケンカして鱗がはがれてしまう恐れがあります。また、熱帯魚の鱗が松かさのように逆立っている場合は厄介な病気を発症していることも。鱗の異常に気付いたら、観察によって原因を突き止め、適切な対策を打ちましょう。
  642 view
観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

ペットショップや熱帯魚店で買った外来種を、近くの川や池に放流するのは生態系を崩す恐れのある危険行為として知られています。しかし、メダカのような種であれば、放流しても問題ないと勘違いしている方は意外と多いもの。そこで今回は、たとえ国産のメダカであっても、近くの川などに放流してはいけない理由を細かく解説します。
  1,163 view
カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

アニメ映画「ファインディングニモ」で一躍有名になったカクレクマノミ。せっかく海水水槽を始めるならクマノミを飼いたいと思っている方も少なくないでしょう。そんなクマノミと一緒に飼育したいのが、共生関係にもあるイソギンチャクです。しかしイソギンチャクの飼育は大変なことも多く、難易度も比較的高めといわれています。そこで今回はイソギンチャクの飼育や、イソギンチャクとクマノミの関係性についてご紹介していきます。
  749 view
コケの発生を抑える便利なコケ抑制剤!でも注意が必要…!?

コケの発生を抑える便利なコケ抑制剤!でも注意が必要…!?

水槽の水替えや掃除をこまめに行って水質を維持すれば、緑や茶色のコケの発生を抑えることができます。しかし、平日は忙しくて水槽の管理をする暇がないという方も多いでしょう。そんなときにはコケ抑制剤を投入してコケを生えにくくするのも手段の一つですが、使用方法を誤ると取り返しのつかない事態を引き起こしてしまうかもしれません。
  1,403 view
クラゲをペットにしたい!でも家で飼える?熱帯魚との混泳は?

クラゲをペットにしたい!でも家で飼える?熱帯魚との混泳は?

水の中をゆらゆらと泳ぐクラゲ。その姿に癒されるという方も少なくないと思います。そんなクラゲですが水族館などではよく見かけるものの、家で飼育するというイメージはあまりないのではないでしょうか。そもそもクラゲは家で飼育が可能なのでしょうか。今回はクラゲの飼育についてピックアップしてみました。
  1,103 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事