2017年1月6日 更新

生きた化石と呼ばれる肺魚の特徴と飼い方

肺魚は古代魚の一種で、一億年も前からその外見が変化していないと言われています。 恐竜がいたとされている時代から、ずっと存在し続けている肺魚の特徴と飼育方法についてご紹介致します。

740 view

肺魚ってどんな魚なの?

肺魚という名前からもわかるように、肺魚は肺を持っている魚です。元々エラ呼吸もするのですが、成体に近づくにつれて肺呼吸の割合が増えていきます。そのため、完全な成体になった時には、肺呼吸できる環境を整えてあげないと溺れてしまうことさえあります。

肺魚には一般的な魚についているようなヒレがありません。そして、胸ビレも尻ビレもありません。肺魚のヒレにあたる部分は、ムチのような形をしており、これをまるで手足の様に使います。また、大概の魚には鼻がありませんが、肺魚には鼻があります。これが肺魚の身体的特徴です。肺魚は魚と両生類のちょうど中間にいる生物なのです。

また、肺魚は夏眠という習性があるため、夏場にあまり活動をしません。これは原産地であるオーストラリアは、夏の乾期で水場が干上がってしまうことがあるので、乾期が過ぎるのを待つためにできた習性のようです。

肺魚の飼育方法

肺魚の飼育方法で、まず第一に気を付けたいのが水温です。暖かい地方が原産の魚なので、水温を調整するためにヒーターを使用したほうが良いでしょう。また、古代魚なので水質に関してはある程度適応していけますが、一度体調を崩すと回復しにくいので慎重に扱いましょう。そして、肺魚はエラ呼吸だけでなく肺呼吸も行うため、水槽の上部を5㎝ほど残しておく必要があります。その他、肺魚は時々水槽から逃げ出すことがあるため、フタに重しを乗せておくと良いでしょう。

エサに関しては、動物性のエサを与えると良いです。目が発達していないため、ヒレを使ってエサを探します。そして、エサの食べ方がとてもユニークで、他の魚のように丸呑みするのではなく、モグモグとよく噛んで食べます。肺魚には胃がないので、消化しやすいようにしているためです。このようにとても愛嬌のある姿が見られることも肺魚の魅力の1つです。
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

コケはコケでも良いコケ!ウィローモスを育成しよう!

コケはコケでも良いコケ!ウィローモスを育成しよう!

コケと言うとアクアリウムではあまり良いイメージがないかと思いますが、コケの中には水槽のレイアウトなどに使用されるものもあります。その代表格がウィローモスでしょう。ウィローモスは比較的安価で入手することができ育成も簡単ながらレイアウトに取り入れやすいということもあり、初心者から上級者まで多くの方がレイアウトに使用しています!今回はそんなウィローモスについてのお話です。
  274 view
熱帯魚の混泳に向き・不向きはある?

熱帯魚の混泳に向き・不向きはある?

アクアリウムをしていると多くの熱帯魚を水槽の中に入れたいと思うことはありませんか?沢山の熱帯魚が泳ぐ水槽は、それだけで満足感がありますよね。しかし一つの水槽で複数種類の熱帯魚を飼育する場合気をつけなければいけないことがあるんです…。
  286 view
アクアリウム+フィギュア!フィギュアを入れたレイアウトが一部で話題に

アクアリウム+フィギュア!フィギュアを入れたレイアウトが一部で話題に

アクアリウム最大の魅力は、自分だけのオリジナルな空間を作り出せるところです。しかし、思い描くレイアウトは従来のアクアリウムグッズだけだと限界があります。そこで試してみて欲しいのが、お手持ちのフィギュアです!馬鹿なことをいうなと思われる人も多いかもしれませんが、実際にフィギュアを水槽に沈めオブジェとしている人は存在します。それでは、フィギュアを使ったメリットとはいったいなんなのでしょうか。
  290 view
フタが無い!?オープンアクアリウムの楽しみ方と注意点!

フタが無い!?オープンアクアリウムの楽しみ方と注意点!

普通のアクアリウムに慣れてくると、色んなレイアウトや形態に挑戦してみたいと思う方も多いはず。そこで今回はオープンアクアリウムについての情報をお届けします!普通のアクアリウムよりも楽しみ方が増えるオープンアクアリウムですが、挑戦して失敗する方も多いようです…。
  615 view
金魚が卵を産んだらどうする?知っておきたい有精卵の見分け方

金魚が卵を産んだらどうする?知っておきたい有精卵の見分け方

メスの金魚を飼っていると、時に卵を産むことがあります。卵が有精卵だった場合はあっという間に孵化するため、卵を発見したらすみやかに対処する必要があります。飼っている金魚が突然卵を産んでも焦ることのないよう、そんなときの対処法を事前に学んでおきましょう。
  218 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事