2017年4月7日 更新

金魚もメダカもコオロギも!熱帯魚が元気に育つ生き餌の種類

大型の熱帯魚には肉食の種も多く存在します。小型魚に与えるようなタブレットやフレーク状の人工飼料を食べない個体には、金魚やメダカなどの生き餌(活餌)で栄養を摂らせる必要があるのです。今回は熱帯魚を元気に育てるための生き餌の種類をご紹介します。

1,236 view

大型熱帯魚の日常的なエサには金魚を

金魚

餌として流通しているのは小赤(コアカ)という種類の金魚で、金魚すくいでよく目にするものこのコアカです。生体のサイズごとに入手することができ、値段も50匹1000円ほどでリーズナブル。泳ぎの緩慢な金魚は大型魚が捕食しやすく、水槽内でも目立つので食べたかどうかを確認しやすいことが、生き餌として使われることの多い理由です。

メダカ・アカヒレ

小型の肉食魚の餌には金魚より小さいメダカが適しています。メダカでも餌として大きすぎる場合はそれより体が小さいアカヒレを与えましょう。アカヒレを大量に水槽に入れておけば、肉食魚がいつでも食べることができます。この方法はアカヒレ漬けと呼ばれ、成長期の熱帯魚の餌付けによく利用されています。

稚魚の育成にはブラインシュリンプが最適

ブラインシュリンプ

ブラインシュリンプは小型の甲殻類です。ブラインシュリンプは卵の状態で売られており、それを自宅の水槽で孵化させてから使用します。小さくても栄養価が高いので、主に稚魚の育成に使われます。

極小生餌(ミジンコ)

卵からかえったばかりで、ブラインシュリンプが食べられないほど小さな稚魚には極小のミジンコが最適です。ミジンコの成体は、繁殖を控えた親魚の餌にもなります。このように非常に重宝するエサなのですが、活きたミジンコは入手が難しいのが難点です。

大型熱帯魚も大満足の生き餌とは?

ワーム・ハニーワーム・シルクワーム(蚕)

栄養価と嗜好性の高いワームは古代魚や大型魚が好んで食べます。ハニーワームやシルクワームは通常のワームに比べて身が大きくぷりぷりしているので、魚の好みによって使い分けましょう。

スジエビ・ザリガニ

エビの仲間は色揚げ効果のあるアスタキサンチンを多く含んでいます。スジエビより大きいザリガニにはカロチンも含まれるので、大きい肉食魚に与えれば体色が鮮やかになるでしょう。エビの角やハサミは食べるときの障害になりやすいので、与える前に折っておくと安心です。

コオロギ・ウキガエル

アロワナなどの肉食魚にはコオロギやウキガエルが好まれます。コオロギは肉食魚以外にも多くの両生類や爬虫類の餌としても愛用されています。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

熱帯魚にも好き嫌い!?エサの種類とその特徴

熱帯魚にも好き嫌い!?エサの種類とその特徴

熱帯魚を飼う際、色々注意しなければならないことがありますが、その中でも一番気を使うのが、エサではないでしょうか。熱帯魚にもそれぞれ好みのエサがあり、間違えたエサを与えると食べてくれない場合があるため、まずはどんなエサがあるのかを把握しておかなければいけません。そこで今回は、熱帯魚のエサの種類とその特徴について、ご紹介していきます。
  1,331 view
熱帯魚がエサを食べないのはどんな時?

熱帯魚がエサを食べないのはどんな時?

熱帯魚を飼う上で欠かせないエサやりですが、時には熱帯魚がエサを食べてくれないなんてことも…。しかし熱帯魚がエサを食べてくれないのにはしっかりと理由があります。原因は一体何なのか、またどう対処していったらよいのか見ていきましょう。
  3,581 view
グッズごとの購入費用とランニングコスト

グッズごとの購入費用とランニングコスト

いざ熱帯魚を飼育しようと考えた時、どのようなグッズが必要となり、どの程度の購入費用になるのか、またランニングコストはどのくらいかかるのか気になりますよね。そこで今回は、アクアリウムに必要なグッズの購入費用や、ランニングコストについてまとめました。
  1,464 view
手間いらず!面倒くさがりな初心者にオススメな水槽セット

手間いらず!面倒くさがりな初心者にオススメな水槽セット

初心者が熱帯魚に必要なグッズを買い揃える中で1番悩んでしまうのは、やはり水槽なのではないでしょうか。たくさんの種類があり、どれがいいのかわからなくなってしまいますよね。そこで今回は、面倒くさがりなあなたにおすすめしたい、メンテナンスが簡単な水槽セットをご紹介したいと思います。ぜひ、参考にしてくださいね。
  6,238 view
ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

ガラス水槽とアクリル水槽はどっちが良い?特徴や違いを比較!

「アクアリウムを始めよう!」そう思った時に、ほぼ必ずといっていいほど必要となるのが水槽です。水槽にはガラス水槽とアクリル水槽があり、それぞれ違った特徴を持っています。そこで今回はガラス水槽とアクリル水槽の特徴や水槽の選び方などをご紹介していきます!
  253 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事