2016年12月11日 更新

絶対必要!アクアリウムの水の取り替え方

アクアリムを作る時に、必ず覚えておかないといけないことが、水の交換です。 単にすべて交換してしまうだけでは、水中にいる有益なバクテリアまで捨ててしまうことになります。そうならないために、正しい水の交換方法をご紹介します。

955 view

水の交換は3分の1ずつが基本

水の交換は1~2週間に1回3分の1ずつ交換することが基本です。なぜかというと、水質の悪化を防いでくれるバクテリアが水槽内に繁殖しているので、水を全部入れ替えてしまうと、そのバクテリアを全て捨てしまうことになるからです。
このバクテリアのいなくなった水は魚にとって住みにくい水なのです。
また、水を全部入れ替えてしまうと水質が変わってしまいます。日本の水道水は中性なのですが、熱帯魚の飼育をはじめると弱酸性や弱アルカリ性になることがあります。弱酸性と弱アルカリ性に慣れた魚を突然中性の水に入れると、急激な水質の変化に着いていけず、体調を崩してしまう危険性があるのです。この現象をペーハーショックといいます。
以上のような危険性があるため、水槽の水を取り換える時は、3分の1ずつ行いましょう。

水の交換方法

まずは、水槽から全体の3分の1にあたる水を抜きます。この時に、コケが周りについていたらしっかりとこすり落としておきましょう。水を交換している最中も、魚は水槽から取り出さなくても大丈夫です。
次に、新しい水をバケツ等に用意して温度を合わせます。水は流し台のところでお湯と割って作りましょう。あらかじめ水槽の水温を計っておいて、その温度に合わせましょう。
慣れてくると触っただけで温度がわかりますが、最初の内は温度計をつかいましょう。
次に、塩素の中和を行います。水道水には消毒のために塩素が含まれています。これが魚にとっては有害なのです。中和するには市販されている中和剤(カルキ抜き)を使いましょう。
化学反応によって中和するものや、天然の成分にこだわって作っているものなどがあるので、好みのものを選びましょう。天然素材なら入れすぎても大丈夫ですね。バケツに汲んだ水道水を1~2日ほど放置しておいても塩素を抜くことができます。
以上で水の交換は終了です。基本的には2週間に1度の交換で十分ですが、念のため水槽の状態は頻繁に確認しておきましょう。
6 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

水草育成に肥料は必須?アマゾンソードを育てるポイント

水草育成に肥料は必須?アマゾンソードを育てるポイント

アクアリウムを楽しむうえで、水草は観賞用としても熱帯魚の飼育用としても欠かせないアイテムです。そんな水草の中でも、最もポピュラーな存在として知られるのが「アマゾンソード」です。今回は、肥料が必要かどうかなども含め、アマゾンソードを育てるうえで知っておきたいポイントを解説していきます。
  94 view
初心者におすすめ!育てやすく丈夫な水草とは?

初心者におすすめ!育てやすく丈夫な水草とは?

アクアリウムを始めるうえで欠かせない水草。熱帯魚を飼育するのに不可欠な存在であると同時に、水槽を彩る装飾品にもなる水草には、実に様々な種類があります。今回は、アクアリウム初心者におすすめの水草を紹介していきます。
  112 view
ソイルだけじゃない!水槽に敷く底床の種類と効果

ソイルだけじゃない!水槽に敷く底床の種類と効果

アクアリウムにおいて非常に大きな役割を果たしてくれる底床ですが、その効果は種類によって様々です。今回は、底床の種類や効果についてご紹介していきたいと思います。
  256 view
初心者注目!アクアリウムの便利なお掃除アイテムをご紹介

初心者注目!アクアリウムの便利なお掃除アイテムをご紹介

水に揺らぐ水草や、悠々と泳ぐ熱帯魚に癒やされたいという方におすすめの「アクアリウム」。最近初めたばかりという方も多いかと思いますが、意外と手間がかかるのが水槽の掃除です。アクアリウムにとって掃除は非常に重要なポイントですが、どんな道具を使用して掃除すればいいのか最初は分からないという方も多いのではないでしょうか。ここでは、そんなときに使える便利なアイテムをご紹介していきます。
  317 view
初心者におすすめ!扱いやすさが魅力の30cmキューブ水槽

初心者におすすめ!扱いやすさが魅力の30cmキューブ水槽

アクアリウムを始めるにあたって、まず大事になってくるのは「水槽」ではないでしょうか。大きさは金魚鉢サイズから1m以上するものまであり、デザインも多岐にわたっているため、どんな水槽が最適なのか、中々決めることができないかもしれません。そんな方に向けて、ここではアクアリウム利用者からも評価の高い「30cmキューブ水槽」をおすすめしていきます。
  397 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事