2018年10月11日 更新

【検証】ハリセンボンの針の数、数えてみた!!

皆さんご存知、ハリセンボン。芸人さんのコンビ名にもなっていて流石に聞いたことない人はいないのではないでしょうか?しかし皆さんのハリセンボンのイメージって真ん丸の体に針が沢山生えている、こんな感じではないですか?今回はハリセンボンの生態、膨らむ仕組み、そして針の数をご紹介します!!

96 view

ハリセンボンの生態

ハリセンボンはフグ目に部類される種類です。そう、高級お刺身で食べられるフグと仲間です。だからフグと同じように体を膨らませることが出来るのです!その中でもハリセンボンは全長15㎝~70㎝前後に及ぶ20種類もの種類があります。15cmでも大きいのに70㎝のハリセンボンが膨らんだら凶器以外の何物でもないですね。ちなみにこれが膨らんでない状態のハリセンボン。丸いというか四角い?

ハリセンボンが膨らむ仕組み

ハリセンボンは外敵に遭遇した際や、釣り上げられた時に体を大きく膨らませます。その仕組みについてご紹介しましょう。ハリセンボンには胃が変化した膨張のうという器官があり、そこに水や空気を取り込んで膨らますことが出来ます。自分の体重の2~4倍もの水を取り入れることが出来るのであの大きさになるのです。人間なら爆発しますね(笑)またそのままの大きさをキープできるのは食道付近の筋肉を収縮している為です。戻る時はその筋肉を弛緩させて空気や水を体外に放出します。

針の数

引っ張るに引っ張った針の数をご紹介します!ハリセンボンの針の数は、500本!!!センボン?? 半分、足りない、、、しかも多い種類で500本なので400本前後の種類もいるそうです。まあハリゴヒャッポンよりハリセンボンの方が言いやすいですもんね。ちなみにハリセンボンの針は鱗が変化したものと言われています。

まとめ

ハリセンボンは500本です。それでもハリセンボンと呼んであげてください。またハリセンボンは飼育も可能ですし比較的飼いやすい種類なので興味がわいたら飼育してみてはいかがでしょうか!?なかなかかわいいですよ!

KS wrote it
11 件

オススメの記事今注目の記事