2016年9月6日 更新

誰もが知ってる熱帯魚!グッピーの魅力と種類

初心者の飼育にもおすすめとされているグッピー。グッピーはとってもきれいな体色をしていて飼いやすく、種類も多いのでどの種類を飼育しようか考えるのも楽しいです。今回は、人気の熱帯魚の代表、グッピーの種類とその魅力にせまります。熱帯魚の飼育を始める人も、すでに鑑賞魚を飼育していて、これから熱帯魚を新たに購入しようと考えている人も、ぜひ読んでくださいね。

5,341 view

ドイツイエロー・タキシード

種類が豊富なグッピーの中でも、1位や2位の人気を争う種類です。体の大半が濃い色になっており、まるでタキシードを着ているかのように見えるところが特徴です。ドイツから導入された当時はイエローの尾びれをしていましたが、日本ではホワイトの尾びれが人気となり、今ではホワイトカラーの尾びれをしたものが定番となっています。

ブルーグラス

尾びれの模様にあらわれているグラス遺伝子、おなかの部分の模様にあらわれているヘテロモルファ遺伝子、そして体の尾筒部分のバンドにあらわれているセブリナス遺伝子を掛け合わせてできた種類です。こちらもグッピーの中では1位、2位を争うほど人気の高い種類で、尾びれの模様がとても細かく、本当にきれいな体色をしています。

キングコブラ

網目状の、まるでキングコブラのような模様が特徴的な美しいグッピー。こちらの人気も非常に高いです。繁殖は国内外で行なわれており、グッピーの代表的な種類であるともいえます。キングコブラは、模様やカラーのバリエーションが豊富なグッピーです。

今ご紹介したものはほんの一部の種類で、グッピーにはまだまだ多くの種類があります。これからグッピーを飼い始める人や、さらに別の種類も飼ってみようと考えている人は、1度グッピーの種類をすべて調べて、その中から好みのものを選んでみるといいでしょう。種類が豊富なので、きっとあなた好みのグッピーが見つかるはずですよ。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

まるで芸術!群泳する熱帯魚の種類とその魅力

まるで芸術!群泳する熱帯魚の種類とその魅力

綺麗な熱帯魚が群れになって、同じ方向に向かって泳ぐ姿は本当に美しいですよね。「熱帯魚を飼育するなら、群泳する種類の熱帯魚を飼いたい」と考えている人はかなり多いと思います。そこで、群泳する習性のある熱帯魚の魅力をご紹介していきたいと思います。あなたが飼いたいと思える熱帯魚探しの参考にしてくださいね。
  9,202 view
海水熱帯魚 飼いやすさランキングトップ5!

海水熱帯魚 飼いやすさランキングトップ5!

熱帯魚飼育に慣れてきて、海水魚にも興味が出てきた、なんて人もいるのでは?今回は海水魚の飼いやすさをランキング形式にしました。これから海水魚を飼おうと思っている方、海水魚を飼い始めてまもない人など、興味のある人は参考にしてくださいね。
  10,715 view
カミナリを呼ぶ魚!?「ライギョ」の飼育方法は?

カミナリを呼ぶ魚!?「ライギョ」の飼育方法は?

ライギョは悪天候時に活発に動いたり、雷がなるまで捕った獲物を逃がさないという言い伝えからその名が付けられたと言われています。体の模様や頭がまるで蛇のような「ライギョ」。アメリカでは「スネークヘッド」とも呼ばれているんだとか。ライギョは見た目がユニークなため、釣りを楽しむだけでなく「ライギョを飼育したい!」という人も多くいるそうです。そこで今回は、ライギョの特徴や飼育方法、飼育をするにあたっての注意点をご紹介します。
  2,544 view
上から見ると…?「ハチノジフグ」の飼育方法は?混泳は可能?

上から見ると…?「ハチノジフグ」の飼育方法は?混泳は可能?

ぷっくりとしたボディが何とも愛らしいフグの中でも、ひと際特徴的な模様を持っているハチノジフグ。1匹飼えば水槽全体が華やかになりそうですが、気が強いため混泳させる際は注意が必要です。
  4,322 view
混ぜるな危険!?ネオンテトラと混泳させてはいけない熱帯魚たち

混ぜるな危険!?ネオンテトラと混泳させてはいけない熱帯魚たち

熱帯魚と言えばまず一番にネオンテトラを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?そんな熱帯魚の代名詞ともいえるネオンテトラを飼っている方も多くいるでしょう。様々な熱帯魚と混泳させることができると言われているネオンテトラですが、実は避けた方が良い組み合わせも存在します。今回はネオンテトラとの混泳に向かないと言われている熱帯魚をピックアップしてみました。
  20,545 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事