2017年8月1日 更新

ちょっと待って!アクアリウムの照明にLEDは注意が必要かも…

蛍光灯、LED、メタルハライドランプなどの照明のなかで、もっとも電気代を抑えられると人気を集めているのがLEDです。確かに最近では家庭用の照明器具を蛍光灯からLEDに変更して、節電をめざす取り組みがあるほどですが、人間用の照明と同じ感覚で水槽の照明をLEDに変えてしまうと、思わぬ事態を招くおそれがあります。

1,885 view

水草の光合成には「赤色」の波長が必要!

一般的に流通しているLEDには、薄型でインテリア性の高いものや光の色が選べるものなど様々なタイプがあります。青い光で水槽を幻想的に演出することもできるので、アクアリウムのオシャレさにこだわりたい人にとっては、なくてはならないアイテムともいえるでしょう。

しかし、水草を育てて景観を作りその光合成を利用して酸素量を維持しているという自然派の水槽にとって、LED照明は脅威になりかねません。LEDが放出する光には水草の光合成に必要な「赤色」の波長が含まれていない場合が多く、それを考慮しないで蛍光灯からLEDに替えてしまうと、水草の光合成がうまくいかなくなってしまうのです。

二酸化炭素を吸収して、酸素を放出する光合成の働きが十分に機能しなければ、水槽内の酸素量は少なくなり、生体に影響が及ぶことも考えられます。また、水草自体も枯れてしまうので綺麗な景観を保つこともできません。電気代やインテリア性を考慮して、照明を蛍光灯からLEDに替える場合には、その性能の違いについて理解しておく必要があります。

LEDの性能は年々向上している!

LEDには「赤色」の波長が含まれていない場合が多いとはいいますが、メーカーの努力によってLEDの性能は向上しており、水草育成向きの光を出すことが可能な製品が開発されはじめています。このようなLEDを使えば、インテリア性と水槽内の環境を両立させることができるでしょう。

そもそも、生体メインの水槽ならば光合成に必要な波長を気にすることはありません。LEDは蛍光灯と違って、ランプを交換することなく数年単位で使えるうえ、電気代もお得なので、生体メインでインテリア性を追求したい水槽にはLEDが適しています。

本体価格は蛍光灯より高いのでご注意を

LEDは蛍光灯と比べて本体価格が高い製品が多く、水草を育てようとする場合には高性能な製品が必要になるため、より費用を必要とします。ランプだけの交換ができないので初期費用と交換にはまとまった金額が必要になることを覚えておきましょう。

LEDのメリットをまとめると…

LEDは寿命が長いため一度導入すればメンテナンスに手がかからず、ランニングコストを抑えられる点が魅力です。光の色を変えられる機能を使えば、アフリカンランプアイなど光によって目が光る魚の個性を味わうこともできるので、生体メインの水槽にはオススメです。LEDの光で水草を育てたいという場合には、水草育成実績のあるものを選んで、光合成に支障がない製品を購入するようにしましょう。
画像はアフリカンランプアイ

画像はアフリカンランプアイ

12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

注意したい「伝い漏れ」の原因と防止法!

注意したい「伝い漏れ」の原因と防止法!

アクアリウムをするうえで、避けなければいけないのが水漏れです。基本的に水漏れは水槽に何らかの不具合が生じた際に発生しやすいですが、中にはそうでない場合も。水槽に問題がないにも関わらず水漏れが発生している場合は、「伝い漏れ」が起きているかもしれません。伝い漏れがなぜ起こるのか、原因と対処法をしっかり把握しておきましょう!
  1,280 view
水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

アクアリウムを行ううえで、大きな不安となるのが「水槽の水漏れ」です。水漏れは水槽内にも水槽外にも大きな悪影響を及ぼすため、なんとしても防がなければいけません。そのためには、水漏れの原因にどのようなものがあるか知り、しっかりとした対策を練る必要があります。
  1,363 view
水槽台って必要?自作でも大丈夫?

水槽台って必要?自作でも大丈夫?

熱帯魚飼育を始めるときは生体や水草など、第一に水槽の中身を充実させることを考えます。そのため、初めての熱帯魚飼育で照明やヒーターなどの水槽周りの設備に工夫を凝らす人は少数派です。特に水槽台の必要性は見落とされがちで、水槽は電子レンジのラックや玄関の下駄箱の上におもむろに置かれることもしばしば。水槽をどこに置くかは個人の自由ですが、せっかくきれいな熱帯魚を飼うなら水槽台を設置されてはいかがでしょうか?
  2,047 view
水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

生き物を飼育する以上は、フンやエサなどの独特な臭いから逃れることはできません。しかし、匂いの原因に適切な対応をすることで、不快な臭いを最小限にとどめることは可能です。今回は水槽から嫌な臭いがしたときに確認すべきポイントと、臭いを除去する方法をご紹介します。
  2,653 view
水草が枯れてしまった!その原因は!?

水草が枯れてしまった!その原因は!?

アクアリウムを行ううえで欠かせないのが水草です。水草のタイプや量によって、思い描く水槽が実現できるかが決まるといっても過言ではありません。しかし、注意しておかないとせっかく入れた水草が枯れてしまう場合があります。しっかりと水草を枯らさない対策を練るため、ここで枯れる原因について覚えておきましょう。
  1,618 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事