2016年12月21日 更新

【初心者必見】アクアリウムを始めるその前に・・・これだけは知ってほしいこと

アクアリウムは部屋の中に、自分の理想の自然を作ることができる・・・。憧れますね!今からアクアリウムを始めようか、考えている方もいらっしゃると思いますが、始めるからには大切な命を扱うので、長く続けられるようにしたいですね。そこで、アクアリウムを始める前にこれだけは知っておいたほうがいい、というポイントをご紹介します。

1,210 view

自分の経済状況を把握しましょう

どれくらいの規模から始めるかにもよりますが、アクアリウムは基本的にお金がかかります。

・水槽、ろ過装置などの費用
・アクセサリーなどのグッズの費用
・熱帯魚や水草の購入費用
・月々の電気代
・エサやメンテナンスグッズの購入費用

など、色々と準備するものがあります。また、初めて購入したグッズがいいものか、最適なものか初心者では判断がつきにくいため、買い直したり、と言うこともあるでしょう。さらに、いったんアクアリウムを始めると、どんどんやりたいこと、理想が膨らみ始め、色々買い足したり、となることも・・・。
大切な生き物の命を扱うので、途中で投げ出したり、近くの川に放流したり、なんてことはしてはいけません。そのため、アクアリウムを始めるにあたり、経済的に比較的余裕があるかどうか、まずは把握してみましょう。把握したら、無理のない範囲で始めることをオススメします。

グッズを買うときは店員さんに相談してみましょう

初めてグッズを買うとき、自宅の状況ややりたいことに最適なグッズはどれか、と言うことはなかなかわからないものです。初心者セットも多く販売していますが、それが自分には合わなかった・・・、と言うこともあるでしょう。そうなると初心者セットを買ったのに、すぐに買い直す・・・、なんてことも。そうならないためにも、店員さんと相談しながら購入するようにしましょう。
自分はどういう感じにしたいのか、水槽を置く予定のスペースなどを店員さんに伝えることで、最適なグッズを紹介してくれるはずです。
筆者もアクアリウムをしていますが、最初、店員さんに相談することなく、グッズを購入してしまったので、自分のイメージしていたものとは程遠くなってしまい、すぐに水槽やろ過装置、ヒーターまで買い直した、という経験があります・・・。なので、店員さんに相談して購入する、と言うことは強くオススメします!

環境を維持するのは簡単ではない

水槽の環境をきれいなまま維持するのは簡単な様で、結構難しいんです。直射日光が当たることろに水槽を置いておくと、たちまちコケが生えてしまったり、逆に暗いところにおいてしまうと、魚の体調や水草の生育にも影響が出てしまいます。しかも水草には最適な光があるため、その光でないとたちまち枯れてしまいやすくなります。仕事が忙しく毎日の管理が難しい人は、アクアリウムは難しいかもしれません。
また、魚の排出物もたまっていったり、汚れていくので定期的に水を入れ換える必要があります。
水槽内の環境を維持するには、時間的にも余裕があるといいでしょう。

引っ越し業者は運んでくれないことがある

仕事がら転勤が多い方は特に要注意しましょう。引っ越し業者は熱帯魚を運んでくれないことが多く、専門の業者、または自身で運ばなければいけないことがあります。遠方に引っ越し、となってしまってはかなり困ったことに・・・。
アクアリウムを始める際に、自分はしばらく引っ越す予定がないか考え、また、引っ越すかもしれない方は、自身で運んでいけるようなサイズにする、なども考慮するといいでしょう。

それでもやっぱりアクアリウムはいい!

筆者はアクアリウムを始めて3年くらいになりますが、アクアリウムをやっていてよかった、と思っています。疲れて帰ってきたときに、熱帯魚が優雅に泳いでいる姿を見ると癒されますし、何より理想の自分の自然がそこにあります。さらに、熱帯魚がいつしか懐いてくれたりもします。

最初はなかなかうまくいかないこともありますが、ぜひチャレンジしてみましょう。きっと新しい楽しみ、喜びができますよ。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知っておこう!アクアリウムにおけるろ過フィルターの効果とその種類

知っておこう!アクアリウムにおけるろ過フィルターの効果とその種類

アクアリウムの立ち上げに必要な「ろ過フィルター」。なんとなく必要みたいだから…、セットについてたから…、というようになんとなくで使っていませんか?今回はろ過フィルターについて紹介していきたいと思います。フィルターの知識を身に付けて、より快適なアクアリウムライフを送りましょう!
  136 view
流木でアクアリウムをオシャレに!知っておきたい流木のこと

流木でアクアリウムをオシャレに!知っておきたい流木のこと

いびつな形がオシャレな流木は、水槽にレイアウトすると独特の雰囲気を醸し出し、お魚の隠れ家やプレコの非常食としても利用できる代物です。しかし流木の種類によっては、魚にとって有害な物質が水槽の水に溶け出してしまう恐れもあります。アクアリウム用でない流木や自分で拾ってきた流木を水槽に入れる場合には以下のことに注意しましょう。
  374 view
初心者でも水槽をオシャレに!アクアリウムのレイアウト方法

初心者でも水槽をオシャレに!アクアリウムのレイアウト方法

アクアリウムを始めたいけど、どうレイアウトしたらよいのかわからないという方や、アクアリウムを始めたけど、もうお少しオシャレにしたいという方もいるのではないでしょうか?今回は水槽をオシャレに見せるレイアウトの方法やポイントをご紹介していきたいと思います。
  2,712 view
初心者におすすめ!育てやすく丈夫な水草とは?

初心者におすすめ!育てやすく丈夫な水草とは?

アクアリウムを始めるうえで欠かせない水草。熱帯魚を飼育するのに不可欠な存在であると同時に、水槽を彩る装飾品にもなる水草には、実に様々な種類があります。今回は、アクアリウム初心者におすすめの水草を紹介していきます。
  1,176 view
初心者におすすめ!扱いやすさが魅力の30cmキューブ水槽

初心者におすすめ!扱いやすさが魅力の30cmキューブ水槽

アクアリウムを始めるにあたって、まず大事になってくるのは「水槽」ではないでしょうか。大きさは金魚鉢サイズから1m以上するものまであり、デザインも多岐にわたっているため、どんな水槽が最適なのか、中々決めることができないかもしれません。そんな方に向けて、ここではアクアリウム利用者からも評価の高い「30cmキューブ水槽」をおすすめしていきます。
  1,414 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事