2017年9月10日 更新

病気の原因にも……熱帯魚の太りすぎに注意!

熱帯魚を飼っていると愛着が湧いてきて、「たくさん食べる姿が可愛いから」とついつい餌をあげすぎてしまいがち。しかし、他の生き物と同じく、餌のやりすぎは熱帯魚の肥満を招く原因となります。ここでは、熱帯魚が肥満になることのデメリットや、肥満にさせないための対策についてご紹介します。

1,695 view

肥満による悪影響とは

熱帯魚は脂肪細胞が少ない生き物ですが、餌をあげすぎるとやはり肥満になることがあります。肥満になるとさまざまな病気を引き起こして寿命を縮める原因となるほか、内臓脂肪の蓄積によって生殖器が未発達になることも。生殖器が未発達になると生殖機能が低下するため、繁殖させるのが難しくなってしまいます。また、肥満になると魚の体型がくずれてしまうため、見た目にもよくありません。観賞用に飼っているならなおさら肥満には注意したいところです。

熱帯魚を肥満にさせないためには?

画像はイメージです

画像はイメージです

熱帯魚の太りすぎを防ぐためには、当然ながら適切な量の餌を与えることが最も重要です。飼育している魚の種類や個体数、また餌の種類によって適切な量はさまざまなので一概にこの量とは言えませんが、目安としては2~3分で全てを食べきれるくらいの量で十分です。また、餌やりの頻度は1日1回、多くても2回でOK。食べる姿が可愛いからと言って、頻繁に餌を与えるのは控えましょう。

肥満ではなく病気の可能性も

ただし、お腹がぽっこり膨れているのを太りすぎが原因だと思っていたら、実は病気だったということもあります。肥満と間違えられやすいのが、腹水病と呼ばれる病気です。この病気は内臓の炎症によってお腹がパンパンに腫れあがってしまう病気で、水槽内に常在しているエロモナス菌という菌によって引き起こされます。そのまま放っておくと、最悪の場合死に至ることも。

腹水病の場合は食欲がなくなったり、活発な魚でも普段よりじっとしていたりといった特徴が現われます。そのため、お腹が膨らんでいる場合は普段と違う点がないかよく観察し、腹水病の可能性があれば薬餌を与えるなどの対策を取りましょう。

魚のメタボリックに注意しましょう

熱帯魚の中には、お腹がパンパンになっても与えられただけの餌を食べきってしまうものも多くいます。「熱帯魚は太らない」という思い込みは捨て、餌のやりすぎは肥満のもとだということをしっかり心に留めて正しく飼育しましょう。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

水槽で飼育している魚同士の相性が悪いと、ケンカして鱗がはがれてしまう恐れがあります。また、熱帯魚の鱗が松かさのように逆立っている場合は厄介な病気を発症していることも。鱗の異常に気付いたら、観察によって原因を突き止め、適切な対策を打ちましょう。
  1,045 view
観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

ペットショップや熱帯魚店で買った外来種を、近くの川や池に放流するのは生態系を崩す恐れのある危険行為として知られています。しかし、メダカのような種であれば、放流しても問題ないと勘違いしている方は意外と多いもの。そこで今回は、たとえ国産のメダカであっても、近くの川などに放流してはいけない理由を細かく解説します。
  1,938 view
カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

アニメ映画「ファインディングニモ」で一躍有名になったカクレクマノミ。せっかく海水水槽を始めるならクマノミを飼いたいと思っている方も少なくないでしょう。そんなクマノミと一緒に飼育したいのが、共生関係にもあるイソギンチャクです。しかしイソギンチャクの飼育は大変なことも多く、難易度も比較的高めといわれています。そこで今回はイソギンチャクの飼育や、イソギンチャクとクマノミの関係性についてご紹介していきます。
  976 view
コケの発生を抑える便利なコケ抑制剤!でも注意が必要…!?

コケの発生を抑える便利なコケ抑制剤!でも注意が必要…!?

水槽の水替えや掃除をこまめに行って水質を維持すれば、緑や茶色のコケの発生を抑えることができます。しかし、平日は忙しくて水槽の管理をする暇がないという方も多いでしょう。そんなときにはコケ抑制剤を投入してコケを生えにくくするのも手段の一つですが、使用方法を誤ると取り返しのつかない事態を引き起こしてしまうかもしれません。
  1,921 view
クラゲをペットにしたい!でも家で飼える?熱帯魚との混泳は?

クラゲをペットにしたい!でも家で飼える?熱帯魚との混泳は?

水の中をゆらゆらと泳ぐクラゲ。その姿に癒されるという方も少なくないと思います。そんなクラゲですが水族館などではよく見かけるものの、家で飼育するというイメージはあまりないのではないでしょうか。そもそもクラゲは家で飼育が可能なのでしょうか。今回はクラゲの飼育についてピックアップしてみました。
  1,703 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事