2017年5月5日 更新

熱帯魚にワニ現る!?「クロコダイルフィッシュ」の特徴と飼育方法

「せっかく熱帯魚を飼うなら変わっている熱帯魚を飼いたいな~」と思っている人にオススメなのは「クロコダイルフィッシュ」です。名前から受ける強そうなイメージ通り、肉食性で生きたメダカなどの小魚をエサにします。今回はクロコダイルフィッシュの特徴と飼育方法をご紹介します!

874 view

クロコダイルフィッシュの特徴

全長約20cmのクロコダイルフィッシュ。スマトラ島やボルネオ島に分布している熱帯魚です。水の流れがない細流に生息しており、エサをじっと待ち伏せしてとらえます。細長いボディに長い口先でメダカなどの小魚をエサとすることが特徴です。温厚な性格ですが、小魚をエサとするため他の熱帯魚との混泳は避けましょう。

シャープな口元ですが、エサを食べるときは大きく口を開け捕食します。また繁殖も特徴的です。オスが卵を口内で孵化させるという方法をとります。100個前後の卵を含むと言われているので、オスの口が膨らんでいたら、繁殖期だと判断することが可能です。

クロコダイルフィッシュの飼育方法

クロコダイルフィッシュは軟水を好みます。そのため水は酸性、弱酸性の水を用意しましょう。水温は25~28度が最適です。水面を泳ぐことが多いため、水槽は横幅60cm以上のものを使用し、長めの水草を用意しレイアウトをします。

エサはメダカの他、アカムシ、小エビを好みますが、生きている生体のみに反応するため生きた小魚類を与えましょう。
常に整った水環境にするため、頻繁に水換えを行う必要があります。

クロコダイルフィッシュ飼育方法の注意点

クロコダイルフィッシュはデリケートな熱帯魚のため、水温や水質が悪化すると肌荒れを起こす場合があります。水温、水質は常に一定に保つようにしましょう。肌荒れになってしまうと体表が白っぽくなってしまう恐れがあります。また、生きた小魚をエサとして投与するため、水が汚れやすくなります。クロコダイルフィッシュを飼うには高い管理能力が必要と言えるでしょう。

水槽から飛び出してしまう場合もあるので、蓋は必ず用意する必要があります。

クロコダイルフィッシュに挑戦してみよう!

水温と水環境を常に気にかけ、頻繁に水換えをしなければいけないので難易度の高い熱帯魚と言えますが、珍しい生体がいい!という人にはピッタリの熱帯魚です。ゆっくりと泳いだり、じっと獲物を狙ったりするクロコダイルフィッシュに癒されてくださいね!
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

最近人気のチンアナゴは家庭でも飼える?飼育方法は?

砂から頭をニョキっと出している姿が特徴的な「チンアナゴ」。水族館でも非常に人気があり、ぬいぐるみなど様々なグッズも販売されていますね。そんなチンアナゴはあまり個人で飼育をするイメージがないかもしれませんが、実は販売もされていてご家庭でも飼育することができるんです!そこで今回はチンアナゴの飼育方法などをまとめてみました。
  234 view
熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

熱帯魚界のアイドル?!ミドリフグの特徴と飼い方

人懐っこくて可愛いと評判のミドリフグ。見た目の小ささに加え、クリっとした目で多くのアクア二スタを癒しているようです。最近では、熱帯魚ショップの他、ゲームセンターのUFOキャッチャー景品にも登場。今回は人気高いミドリフグの生態から飼い方までをご紹介します。
  435 view
半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

半月を探して!?美しい鰭を持つベタ ハーフムーン!

見た目の美しさから、高い人気を集める熱帯魚「ベタ」。ベタには数多くの種類がありますが、そのなかで一際美しいとされる種類をご存知でしょうか。それが今回ご紹介する熱帯魚「ハーフムーン」です。日本ではベタのなかでもっとも高い人気を誇るとされるこのハーフムーン。いったいどのようなところが魅力なのでしょうか。
  232 view
シマウマみたい!?「ゼブラキャット」の飼育方法!

シマウマみたい!?「ゼブラキャット」の飼育方法!

シマウマのような縞模様が特徴的なナマズの一種、ゼブラキャット。「飼ってみたいけれど情報が少なくてちゃんと飼えるか心配」という方もいるのでは?ここではそんな方に向けて、ゼブラキャットの生態から飼い方までを詳しくご説明します。
  331 view
歩く珍妙な魚「ウォーキングバットフィッシュ」の飼育方法!

歩く珍妙な魚「ウォーキングバットフィッシュ」の飼育方法!

見た瞬間に思わず「なんだこれ!」と言いたくなってしまう珍妙な魚、「ウォーキングバットフィッシュ」。黒くてゴツゴツしている見た目ですが、「顔はキュートな困り顔」と評判です。海底を歩く性質とコウモリのような見た目から、ウォーキングバットフィッシュ(別名ロングノーズバットフィッシュ)と名付けられたそうです。今回は「実際に家でウォーキングバットフィッシュを飼育してみたい!」という人向けに、ウォーキングバットフィッシュの生態と飼育方法についてご紹介します。
  613 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事