2017年5月19日 更新

アクアリウムに白い影「水カビ」の原因と対策!

熱帯魚を飼い始めてしばらくたってから水槽にできている「水カビ」の存在に気づいて焦った経験がある人はいますか?水カビは放っておくと熱帯魚に付着し、水カビ病にかかってしまう恐れがあります。今回は水カビ発生原因と対処法、事前に行える対策をご紹介します。

14,812 view
流木のまわりについた水カビ

流木のまわりについた水カビ

水カビはなぜできるの?

水中生活を行い、水中の有機物に菌糸を伸ばし栄養を吸収し成長するカビです。水カビの発生原因には「エサを多く与えている」「水の汚れ」「過密飼育」「流木の汚れ」が挙げられています。エサを多く与えてしまうと熱帯魚がエサを残してしまいます。その食べ残しが水を汚してしまい、カビの発生につながってしまうため、エサは少なめに与えましょう。水カビができてしまったあとはどのように対処していけばいいのでしょうか?

水カビを撃退せよ!水カビの対処法

水カビの対処法はアクアリウム内を清潔に保つことが第一です。汚れた水は水換えを行い、水槽内、レイアウト類も一度洗いましょう。特に洗浄が必要なレイアウトアイテムは「流木」です。流木に水カビが発生している場合は、ブラシやタワシで細かく磨きましょう。磨いたあとに流木を煮沸につけます。ブラックウッドなどの流木は煮沸できないため、あらかじめ調べておく必要があります。

また、水カビにかかってしまった熱帯魚を薬浴させて水カビ菌を死滅させる方法もあります。グリーンFなど、飼っている熱帯魚にあった薬で対処しましょう。

事前にできる対策は?

水カビが発生しないように事前にできる対策は水換えです。水換えを定期的に行うことで水槽内の水環境が保たれ、水カビの発生を防いでくれます。水環境の他、水温にも注意しましょう。水カビが発生しにくいと言われている最適な温度は28~29度ですが、現在の水温が23~26度で熱帯魚に異常がない場合、無理に水温を変える必要はありません。

エサの量も多めではなく、少なめを意識して与えましょう。長期間家を空けるときもエサの量は変えずに通常量を与えます。

水カビが住みづらい環境をつくろう

整った水環境は水カビが苦手とする環境です。水温やエサの量を意識しながら熱帯魚を飼育しましょう。水カビが発生した場合は、熱帯魚を薬浴させ、流木や水槽内を隅々まで洗浄しましょう!
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

熱帯魚の鱗が取れているのは病気?その原因と対策!

水槽で飼育している魚同士の相性が悪いと、ケンカして鱗がはがれてしまう恐れがあります。また、熱帯魚の鱗が松かさのように逆立っている場合は厄介な病気を発症していることも。鱗の異常に気付いたら、観察によって原因を突き止め、適切な対策を打ちましょう。
  2,183 view
観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

観賞用メダカの放流が絶対にNGな理由

ペットショップや熱帯魚店で買った外来種を、近くの川や池に放流するのは生態系を崩す恐れのある危険行為として知られています。しかし、メダカのような種であれば、放流しても問題ないと勘違いしている方は意外と多いもの。そこで今回は、たとえ国産のメダカであっても、近くの川などに放流してはいけない理由を細かく解説します。
  3,566 view
カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

カクレクマノミと相性抜群のイソギンチャクの育て方は…?

アニメ映画「ファインディングニモ」で一躍有名になったカクレクマノミ。せっかく海水水槽を始めるならクマノミを飼いたいと思っている方も少なくないでしょう。そんなクマノミと一緒に飼育したいのが、共生関係にもあるイソギンチャクです。しかしイソギンチャクの飼育は大変なことも多く、難易度も比較的高めといわれています。そこで今回はイソギンチャクの飼育や、イソギンチャクとクマノミの関係性についてご紹介していきます。
  1,447 view
コケの発生を抑える便利なコケ抑制剤!でも注意が必要…!?

コケの発生を抑える便利なコケ抑制剤!でも注意が必要…!?

水槽の水替えや掃除をこまめに行って水質を維持すれば、緑や茶色のコケの発生を抑えることができます。しかし、平日は忙しくて水槽の管理をする暇がないという方も多いでしょう。そんなときにはコケ抑制剤を投入してコケを生えにくくするのも手段の一つですが、使用方法を誤ると取り返しのつかない事態を引き起こしてしまうかもしれません。
  3,094 view
クラゲをペットにしたい!でも家で飼える?熱帯魚との混泳は?

クラゲをペットにしたい!でも家で飼える?熱帯魚との混泳は?

水の中をゆらゆらと泳ぐクラゲ。その姿に癒されるという方も少なくないと思います。そんなクラゲですが水族館などではよく見かけるものの、家で飼育するというイメージはあまりないのではないでしょうか。そもそもクラゲは家で飼育が可能なのでしょうか。今回はクラゲの飼育についてピックアップしてみました。
  3,053 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事