2019年1月25日 更新

様々な種類のお魚に万能なエサのご紹介!~レパシーソイレントグリーン編~

皆さまは飼っているお魚たちに普段どのようなエサを与えていますか?一口に熱帯魚や金魚のエサと言っても、粒状のエサやフレーク状のエサ、浮くエサ沈むエサ、肉食魚用のエサから植物性のエサまで様々な種類のものがあります。その魚の食性に合ったエサをしっかりと与えることが理想的ですが、水槽の中には1種類だけではなくたくさんの種類の魚やエビたちを泳がせている方も多く、気の強い魚や臆病な魚、泳ぐのが速い魚遅い魚、水面近くを泳ぐ魚、底を泳ぐ魚など、一つの水槽の中だけでも色々な性質を持つ生き物たちが一緒に生きており、その全ての生き物たちに満足にエサを行き渡らせるのは実は案外難しかったりします。 そこで、実は今回はそんな問題の解決を助けてくれる魔法のエサをご紹介します!それが【レパシーソイレントグリーン】です!!

230 view

■レパシーソイレントグリーンって何?■

レパシーソイレントグリーンは一言で言えば熱湯を注ぎ冷やして固めて作るゲルフードです。従来の魚のエサとは違い、自分自身で作るゲル状の沈むエサです。お菓子みたいですよね!食べさせることの出来る魚の種類は非常に多く、今回はその作り方とその優れた万能性についてご紹介いたします!

■レパシーソイレントグリーンの作り方■

作り方はとっても簡単!
①まず、耐熱の底の深めな容器を用意し、お好みの量のレパシーソイレントグリーンを敷きます。最終的に膨らんで体積が2~3倍になるため、少し薄めに敷いたほうが良いかもしれません。

②沸騰させたお湯を注ぎ、ダマにならないように素早くかき混ぜます。レパシーソイレントグリーン1に対して、2~3倍のお湯を入れ、固さを調整しながら作ります。

③常温で冷やすと固まってゲルフードの完成です!下の画像のように切り分けて魚たちが数時間で食べきれる量を与えます。

作ったゲルフードは保存することができ、冷蔵で2週間、冷凍すると半年も持つため作り置きすることも可能です!次は、どんな風に与えることが出来るのかをご紹介します。

■レパシーソイレントグリーンをあげてみよう!■

完成したゲルフードは様々な種類の生き物たちに与えることができます。プラティやグッピーなどの小型の熱帯魚、金魚、エビ、おたまじゃくし、プレコやオトシンクルスなどの水槽面にくっ付く魚やコリドラスなどの底を泳ぐ熱帯魚etc・・まさに万能フードです!しかし、色々な種類の魚が食べてくれるエサなんてわりとどれもそうなのではないのか・・そこで、レパシーだからこそ出来る有効な活用方法をご紹介します!

1.底を泳ぐ魚たちのメイン食に!

レパシーに群がるコリドラスパンダロングフィンの群れ!たくさん食べてくれるので、お気に召しているようです。
熱帯魚の水槽を立ち上げ、残ったエサを掃除してもらう為にコリドラスやクラウンローチなどの底を泳ぐ魚たちを入れる方も多いのではないでしょうか?確かに残ったエサの掃除は大切ですが、もちろんその魚たちにもエサが行き届いていなければなりませんし、水槽を汚さない為にエサの量を少なくし過ぎてしまうと底の魚たちのエサが足りなくなるなんて事も出てきます。そんなエサの行き届きにくい魚たちにもしっかりと栄養を補給する事ができるため、コリドラスなどのご飯にもとてもオススメです!

2.食欲旺盛な魚たちの食欲を満たす!

レパシーに群がるブラックモーリーの群れ。植物由来の成分が含まれているからか、一番おいしそうに食べているように思います笑
プラティ、モーリー、金魚など、魚の中にも特に大食漢な種類の魚たちもおり、そんな魚たちは実は他の魚と同じ量のエサでは足りていない・・なんて事もあったりします。しかし飼い主はいくら大切なペットといえど、つきっきりで理想的な回数のエサを与え続ける事も難しいはず。そこで、このレパシーを魚たちの数や食欲によって与える量を変えてあげればお腹が満たされない魚たちが満足のいくまでゆっくりと食べ続ける事ができるのです!

3.食べるのがゆっくりな魚たちにもエサがいきわたる!

27 件

オススメの記事今注目の記事