2017年9月9日 更新

水槽のコケ取りをしてくれる生物たちをご紹介!

水槽内に発生するコケは掃除をしてもまたすぐに発生する厄介な存在です。コケをこまめに掃除するのが面倒!と感じたら水槽にコケを食べる生物を投入してみてはいかがでしょうか。水槽内にお掃除屋がいれば水槽の景観を汚すコケを喜んで食べてくれるので、掃除の手間が省けて便利ですよ!

2,075 view

水槽内に発生するコケの種類

水槽内に発生するコケには様々な種類があります。コケを食べるお掃除屋もすべてのコケを好んで食べるわけではないので、対処したい苔の種類に合わせて水槽に投入するお掃除屋を選ぶようにしましょう。

・糸状藻:流木や岩から糸状に伸びるコケ
・黒ひげゴケ:通水性の悪い箇所に発生する黒いコケ
・茶ゴケ・珪藻類:水質が不安定なとき水草の表面や水槽ガラス面などに発生するコケ
・斑点状藻:水槽のガラス面に発生する丸い円形のコケ
画像はガラス面に着いた茶コケ

画像はガラス面に着いた茶コケ

画像は黒ひげゴケ

画像は黒ひげゴケ

淡水水槽のコケ取りにはオトシンクルス

オトシンクルスは淡水水槽のお掃除屋として最もポピュラーな種です。水槽や岩、流木の表面に発生した茶ゴケを好み、吸盤のような口でガラス面にこびりついた斑点状藻も食べることができます。エビ類のお掃除屋は水草を食害するおそれがあるのに対し、オトシンクルスは水槽内に入れてもデメリットがほとんどありません。

黒ひげゴケや糸状藻の対策には石巻貝(イシマキガイ)が力を発揮します。オトシンクルスよりコケ取り能力は高いですが、水槽内のあちこちに卵を産みつけて景観を損ねるおそれがあるのが難点です。淡水水槽で活躍する掃除屋は他にもコリドラスやプレコ、水面に張る油膜を食べるブラックモーリーなどがいます。
オトシンクルス

オトシンクルス

石巻貝

石巻貝

海水水槽には見た目もかわいいキャメルシュリンプ

キャメルシュリンプ

キャメルシュリンプ

キャメルシュリンプは柔らかい糸状藻を好むお掃除屋の代表格。背中のコブがラクダのように見えるのでキャメルという名がついています。多くのアクアリストから苔ハンターとしての信頼を得ているキャメルシュリンプは苔だけでなく海藻をも食べるため、海藻の繁殖に悩まされるサンゴ水槽の維持には欠かせない存在です。

また、クマノコガイは古くからコケ対策用の生体として親しまれている貝類で、ガラス面をはい周って斑点状藻を食べてくれます。岩面の柔らかいコケも好むのでエビ類で取りきれないコケの処理はクマノコガイに任せてみるのもいいでしょう。海水水槽の掃除屋には他にも魚の体表の寄生虫を食べるスカンクシュリンプや行動範囲の広さがウリのトゲアシガニなどがいます。
スカンクシュリンプ

スカンクシュリンプ

コケのない綺麗な水槽で魚を泳がせよう!

色鮮やかなお魚を青々と茂る水草と一緒に泳がせても、水草に表面にぬるぬるとしたコケがついていたりガラス面のコケがクリアな視界をさえぎったりするのでは何の意味もありません。水槽を綺麗に維持するためには定期的な清掃が必要ですが、その頻度を減らすためにコケを食べる生き物たちを導入してみてはいかがでしょうか。

その他水槽内のお掃除をしてくれる熱帯魚はこちら

水槽内の掃除をしてくれる熱帯魚を知っていますか? - 熱帯魚・アクアリウム

水槽内の掃除をしてくれる熱帯魚を知っていますか? - 熱帯魚・アクアリウム

「お掃除屋さん」生物を活用しよう! - 熱帯魚・アクアリウム

「お掃除屋さん」生物を活用しよう! - 熱帯魚・アクアリウム
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

注意したい「伝い漏れ」の原因と防止法!

注意したい「伝い漏れ」の原因と防止法!

アクアリウムをするうえで、避けなければいけないのが水漏れです。基本的に水漏れは水槽に何らかの不具合が生じた際に発生しやすいですが、中にはそうでない場合も。水槽に問題がないにも関わらず水漏れが発生している場合は、「伝い漏れ」が起きているかもしれません。伝い漏れがなぜ起こるのか、原因と対処法をしっかり把握しておきましょう!
  1,280 view
水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

水槽の水漏れにご注意!原因&対策を知ろう

アクアリウムを行ううえで、大きな不安となるのが「水槽の水漏れ」です。水漏れは水槽内にも水槽外にも大きな悪影響を及ぼすため、なんとしても防がなければいけません。そのためには、水漏れの原因にどのようなものがあるか知り、しっかりとした対策を練る必要があります。
  1,363 view
水槽台って必要?自作でも大丈夫?

水槽台って必要?自作でも大丈夫?

熱帯魚飼育を始めるときは生体や水草など、第一に水槽の中身を充実させることを考えます。そのため、初めての熱帯魚飼育で照明やヒーターなどの水槽周りの設備に工夫を凝らす人は少数派です。特に水槽台の必要性は見落とされがちで、水槽は電子レンジのラックや玄関の下駄箱の上におもむろに置かれることもしばしば。水槽をどこに置くかは個人の自由ですが、せっかくきれいな熱帯魚を飼うなら水槽台を設置されてはいかがでしょうか?
  2,047 view
水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

水槽から嫌な臭いが…原因と対策をご紹介!

生き物を飼育する以上は、フンやエサなどの独特な臭いから逃れることはできません。しかし、匂いの原因に適切な対応をすることで、不快な臭いを最小限にとどめることは可能です。今回は水槽から嫌な臭いがしたときに確認すべきポイントと、臭いを除去する方法をご紹介します。
  2,653 view
水草が枯れてしまった!その原因は!?

水草が枯れてしまった!その原因は!?

アクアリウムを行ううえで欠かせないのが水草です。水草のタイプや量によって、思い描く水槽が実現できるかが決まるといっても過言ではありません。しかし、注意しておかないとせっかく入れた水草が枯れてしまう場合があります。しっかりと水草を枯らさない対策を練るため、ここで枯れる原因について覚えておきましょう。
  1,618 view

この記事のキーワード

オススメの記事今注目の記事